『バチェラー3』友永真也、過去にも女性を”乗り換え”ていた! 「別の子に気移りしてしまって…」

その他バチェラー・ジャパン, 友永真也

Amazonプライムで配信され、現在大ヒットを記録している「バチェラー・ジャパンシーズン3」。

全てのスペックが飛びぬけた男性(バチェラー)を射止めるべく、20名の女性が戦いを繰り広げるリアル婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」。シーズン3では、貿易会社を経営するフランス育ちの実業家・友永真也さんがバチェラーを務めた。

【ここからネタバレあり】

19年9月から配信が始まったこの「バチェラー・ジャパン シーズン3」では、最初から最後まで、ぶどう農家の岩間恵さんが、誰の目に見てもぶっちぎりで友永さんの心を射止めていた。しかし岩間さんは頂上決戦の直前になって「友永さんに恋愛感情はない」とまさかの告白、事実上友永さんをフる。それを受けて、友永さんは最後まで残っていたもう一人の女性・元北新地ホステスの水田あゆみさんにバラを渡し、めでたく2人は結ばれることバチェラーの旅は終わったかのように思ったのだが…。

 友永さんは岩間さんへの気持ちを捨てきれず、水田さんと1カ月であっさり破局。さらに友永さんは、水田さんとの交際中に岩間さんに会いに行き、岩間さんも普通に友永さんからアプローチを受け入れて、結果友永さんは水田さんから岩間さんに乗り換えてしまう。

●参考イラスト

この展開に、ネット上では放送直後から大炎上。そんな日本中を“胸糞”に包んだ友永さんだが、実は今回のような“乗り換え劇”と全く同じパターンの経験をしていたことが過去のインタビューで明らかになった。

当該インタビューが掲載されているのは、「モデルプレス」において8月21日に配信された「バチェラー3・友永真也、恋愛のトラウマ&撮影エピソード…赤裸々告白 インタビュー独占公開」というタイトルの記事。

「過去の恋愛で最も印象的な人という問いに対し、友永さんは『2つあって…。19歳くらいのときに1つ年下の子と半年くらい付き合ったんです。中学も高校もフランスで一緒だった子で、日本に帰ってきてから付き合ったんですが、当時の僕が別の子に気移りしてしまってお別れしてしまいました』と告白。続けて『2人目は、その気移りした相手です。大学入学した時に一目惚れでした。1人目の子と付き合う前に、アタックしようと思っていたんですが彼氏がいて。諦めていたんですが、彼氏と別れたと聞いて、再度アタックしちゃいましたね。2年くらい続いたんですが、最後には浮気現場に遭遇して辛い思いもしました』と明かしています。“自分の思いに正直に即行動する”姿…完全に今回と全く同じパターンですよね。その迅速さは、スタジオ出演者の今田耕司の言葉通り、『突っ走るねぇ~…』といったところでしょうか。また、2人目の女性に浮気されたという点も、先日タイで“ゴーゴーボーイ”という性風俗店で大興奮していた動画が流出した岩間さんと重なるところがありますね。10年以上経ても尚19歳の頃と同じ感覚を持ち、同じ経験をしている友永さん。いわば過去から学ばず、ひたすら同じ道を突っ走り続けてるようです。その意思の強さ。正直、ほんまビックリしてます」(芸能ライター)

自身を「本音で生きる男」と称しているが、もう少し慎重に行動してもいいかもしれない。

●関連イラスト