パワーワードだらけ『おっさんずラブ‐in the sky‐』第1話“名言”ランキング! 吉田鋼太郎の“圧倒的な乙女”と千葉雄大の“ドS”ぶり

ドラマ, 女性芸能人, 男性芸能人おっさんずラブ, かつを武士, ベスト3記事, 千葉雄大, 吉田鋼太郎, 田中圭

 放送がスタートするやいなや、視聴者から歓喜の声が続出し、Twitterトレンドで日本1位、世界では3位の大反響を巻き起こした、田中圭主演ドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』(テレビ朝日系)。相変わらず吉田鋼太郎のヒロインぶりに目を奪われてしまいますが、新キャストの千葉雄大や戸次重幸も存在感抜群です。

 また、『おっさんずラブ』といえば、前作の「お前が俺をシンデレラにしたんだ」(黒澤武蔵/吉田鋼太郎)のような、パワーワード・名言も見どころ。そこでこの記事では、エピソードごとの『パワーワード・名言』をランキング形式で紹介していきます。

●3位「1回寝たぐらいで本気にしてんじゃねえよ」(成瀬竜/千葉雄大)

(絵・かつを武士)

 第1話から、ドSぶりを遺憾なく発揮した成瀬。“元カレ”をあきらめさせるため、突然見せつけるように春田創一(田中圭)とキスをしたり、戸惑う春田に「しゃべったら、ぶっ殺すぞ」と凄んだり、この振り回しっぷりは前作の牧凌太(林遣都)を彷彿とさせますね。

 そんな成瀬の名言が「1回寝たぐらいで本気にしてんじゃねえよ」

どうしても成瀬のことを諦められない“元カレ”を、この言葉で冷たく突き放しました。ネット上ではこの台詞に、

《このビッチ!!!!!!!好き!!!!!!》
《言い方が可愛すぎて頭ポーンなった》
《身震いしたよね。バーチーあの顔であのキャラは罪が過ぎる!最高か!!!!!》

といった歓喜の声があがっています。

●2位「おい、春田。それは、あんまり無防備すぎやしないか? 春田…」(黒澤武蔵/吉田鋼太郎)

 第1話から、“春田愛”がにじみ出ている黒澤キャプテン。残業する春田に声をかけ、外へ息抜きしに一緒にでかけた時でした。

 ベンチに座ると、春田に対して、温かいコーヒー(加糖・微糖・無糖)と、冷たいコーヒー(加糖・微糖・無糖)の合計6個を差し出し、好きなものを選ばせてあげる、尽くす系女子の黒澤キャプテン。2人で話をしていると、残業で疲れていた春田は、思わず寝てしまい、黒澤キャプテンの肩に頭を乗せてしまいます。

 この胸キュン行為に、黒澤キャプテンは

「おい、春田。それはあんまり無防備すぎやしないか? 春田…」「ああ…! なんだ この気持ちは!? おい春田! 俺の気持ちをかき乱すのは やめろ! やめろ… 春田 やめろ!」

と、自分の理性を保つことで精いっぱいに。黒澤キャプテンのあふれる想いに、ネット上では

《武蔵の心のせめぎあいワロタ》
《黒澤さん理性で抑えてるwww》
《黒澤キャプテン! 心の中、ざわつきすぎ!!》
《はるたんよりも、はるたんにキュンキュンしてる黒澤キャプテンにキュンキュンする》

といった声があがりました。

●1位「ん? なぜだ? なぜ ダブルクリックになる?」(黒澤武蔵/吉田鋼太郎)

成瀬に“見せつけキス”の標的にされ、突然唇を奪われてしまった春田。そんなキス現場を、黒澤キャプテンが物陰から目撃してしまいした。

 黒澤キャプテンはその後、部屋に戻り、冷静になって「それなりに経験を積んできたつもりだが、それでもまだ、予想外な事は起きるものだ」「春田と成瀬がキッス… あれは一体 どういう事だ?」と考えにふけります。

 しかしそんな冷静な脳内とは対照的に、指先は激しく震え、PCのマウスクリックが勝手に連打に。「なぜだ? なぜ、ダブルクリックになる?」「たかがキッス、されどキッス… どうしてこの私が動揺しているのだろうか?」と、黒澤キャプテンは自分自身の想いに焦るのでした。

 このシーンには、視聴者の間で

《声出して笑ったわ。めっちゃ動揺してるやんww》
《言葉のチョイスが好きwww》
《動揺しすぎてダブルクリックは明日から使っていこう》
《死ぬほどワロタ。ダブルクリックどころじゃないしwww》

と爆笑が起こったようです。

 果たして第2話では、どんな『パワーワード・名言』が生まれるのでしょうか。