こんな親友が欲しい! 「ガンバレルーヤ」よしこの”イイ女”っぷりがカンストしていると話題に 『モトカレマニア』第3話

ドラマ, 女性芸能人よしこ, ガンバレルーヤ, モトカレマニア

女優・新木優子が主演を務めるドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第3話が、10月31日に放送された。新木の親友役を演じるお笑い芸人『ガンバレルーヤ』よしこの〝良い奴〟っぷりに、多くの視聴者から感動の声が続出している。

新木が演じるのは、不動産会社で働き始めた27歳独身・難波ユリカ。初めて付き合った彼氏の“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)のことが忘れられず、ついには元カレを“推しまくる”「モトカレマニア(MKM)」になり“幸せだった過去の恋の時間に浸る”のが趣味に…。同ドラマは、そんなユリカの暴走と試行錯誤の恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描くラブコメディーとなっている。

“脱MKM“を目標とし奮闘するも、マコチの変わらない優しさに再び惹かれていくユリカ。二人で残業した夜、ユリカは”好き“という気持ちが溢れ自然と口から「好き」とこぼしてしまう。戸惑うマコチを目の当たりにし、ユリカは「先輩として」という誤魔化しの言葉を言おうとするも、親友の周防ひろ美(よしこ)から言われた言葉が引っかかって言えない。以前マコチとの関係をひろ美に相談した際、ひろ美から「現実を見ろ」と中途半端な現状に叱咤を受けたのだ。そのため、ユリカはマコチとまっすぐに向き合おうと「返事が欲しいやつです」とこの気持ちは恋愛としての”好き“であると告げるのだった。

ユリカの誕生日の夜。ユリカが一人寂しく家路につく一方、あとから誕生日に気が付いたマコチは、急いで誕生日プレゼントを用意しユリカの元へ向かう。マコチからレーザー距離計という仕事のお役立ちグッズを貰ったユリカは「マコチからまたプレゼントを貰えるなんて」と嗚咽しながら号泣。そんな健気なユリカを見たマコチは、なんと突然キスをする。するとそこに、誕生日をお祝いしにやって来たひろ美が登場! ふたりがキスしているところを目撃し、マコチに「付き合うことになったんだ?」と尋ねたところ、マコチは「付き合うとは言っていない」とまさかの反論。信じがたい発言を耳にしたひろ美は「キスは、した…けど、付き合うとは言ってない…」と反復し、次の瞬間「ふざけんな!」とマコチの胸ぐらを掴かみかかる。真剣なまなざしで「最低だよ! 私の親友をこれ以上振り回さないで!」と非難すると、マコチは「ごめん」と小さく謝りその場から立ち去るのだった。

完全に玉砕し、その場で泣き崩れるユリカ。そんなユリカをひろ美は優しくハグし「ユリカ。頑張ったね。偉いよ」と背中をさすり、ユリカの健闘を称えるのだった。

親友のために厳しくも的確なアドバイスをし、親友を傷つける男に“ガツン”と言ったひろ美。そんなひろ美、ひいてはよしこに対し、視聴者からは

「ユリカ、ひろ美みたいな親友が側にいて良かった」
「ひろ美の、『私の親友をこれ以上振り回さないで!』という言葉泣けた… こういう男性は滅してほしいわ…」
「ひろ美が男性やったら良かったのに」
「ひろ美は正しい… 正論だし、こんな友達いてくれたら、すごい財産だなと思う」
「なかなかこんな親友に巡り合うなんて難しい」
「ひろ美さんのセリフを聞いていたら涙が出てきた。 こんな親友が欲しい」
「ひろ美優しいな、ひろ美目指す」

などと称賛の声が続出している。

さて今夜は第2章の幕開け! ますます盛り上がりを見せる『モトカレマニア』に大注目だ。

●関連イラスト