まさかの『おっさんずラブ』展開!? 高良健吾×浜野謙太に「そのルート見たい」『モトカレマニア』第4話

ドラマ

 女優・新木優子が主演を務めるドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第4話が、11月7日に放送された。ラブコメにも関わらず、男性同士の友情がどんどん深くなっていく急展開に、一部ネット上では「同棲待ったなしやん」「次回『おっさんずラブ』開幕」などとツッコミを入れる声が続出しているようだ。

 新木が演じるのは、不動産会社で働き始めた27歳独身・難波ユリカ。初めて付き合った彼氏の“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)のことが忘れられず、ついには元カレを“推しまくる”「モトカレマニア(MKM)」になり“幸せだった過去の恋の時間に浸る”のが趣味に…。しかし、そんなユリカに災難(?)が! なんとユリカが就職した不動産会社に、実はマコチが同僚だということが発覚したのだ。2人は戸惑いつつも再会するのだが…。 同ドラマは、そんなユリカの暴走と試行錯誤の恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描くラブコメディーとなっている。

●前回のおさらいはこちら

 ユリカの好意に一瞬心が揺らぎ、キスをかますも「キスはしたけど付き合うとは言ってない」と言い放ったマコチ。理不尽なマコチにフラれて、瀕死状態になるユリカだが、親友・周防ひろ美(「ガンバレルーヤ」よしこ)の献身的なサポートもあってなんとか日々を過ごしていた。

 一方マコチは、同居する小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)との関係を、同僚に責められていた。同居のきっかけは、さくらが“マコチが初恋の人に似ている”という理由で、物件の紹介をしたマコチを誘ったこと。二人の間に男女関係こそないが、同僚は人間関係にだらしないマコチを批判。恋も仕事もトラブル発生でいっぱいいっぱいになったマコチは、そのモヤモヤからその夜、ついにさくらに手を出そうとしてしまう。するとすかさず、さくらは身体を引き「終わりにしよう」と暗黙のルールを破ったマコチに対し同居解消を言い渡すのだった。

 宿を失ったマコチは、フラフラと街を彷徨い、そのまま今度はユリカの家へ。玄関口で「なんで来たの?」とユリカに詰め寄られたマコチは「傷つけてごめん」とキスの件を謝罪する。しかし、ユリカはもうマコチに振り回されるのは御免だと「こういうの、もう終わりにしたい。帰って」と冷たくあしらうのだった。

 さくらからも、ユリカからも“終わり”を告げられ、雨のなか行く当てもなく歩くマコチ。

するとそこに、傘を差しだす人物が! なんとユリカと同じ“MKM(モトカレ/モトカノマニア)”同盟の山下章生(浜野謙太)が、「マコチさん… どうしたんですか…?」と心配そうな顔でマコチを傘のなかに入れてあげるのだった。するとマコチは、救いを求めるように「山下さん…」と小さくつぶやき、安堵感からか泣きの表情を浮かべるのだった。

この展開に、視聴者からは“マコチ×山下”で恋愛ドラマが始まってしまいそうだと話題に。

《山下とマコチが始まる…?》
《これもうマコチと山下さん同棲待ったなしやん》
《最後だけしか見れなかったんだけどマコチと山下の恋愛始まるんですか?》
《来週からは… マコチと山下の『きのう、何食べた?』はっじまるよー!》
《次回『おっさんずラブ』開幕》
《マコチと山下さんルートが見たいのですが!?》
《マコチが山下にしてユカリがさくら先生にする end》
《山下さんとマコチの『おっさんずラブ』は見たいwwww》

などとツッコミを入れる声が続出。あわや大人気BL作品『おっさんずラブ』や『きのう、何食べた?』のような展開を望む声もあがる始末となっている。

さて、今夜は第5話の放送! “マコチ×山下”の掛け合いに注目しよう。 

●関連イラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました