2位は『SMAP×SMAP』勢歓喜の…『グランメゾン東京』名言ランキングトップ3!

ドラマ

 王道過ぎる展開。でもそれが良い! かっこつけすぎている。でもそれが良い! と大好評を博しているのは、木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)。毎話、カッコイイシーンや、胸が熱くなるシーンが盛り込まれていますが、その中でもこの記事では“台詞”に注目! エピソードごとの『パワーワード・名言』をランキング形式で紹介していきます(第4話)

●3位「どうしたんすか、急にいなくなって」(芹田公一/寛一郎)

(絵・かつを武士)

 まずは、芹田の台詞。第4話では、ついにレストラン「グランメゾン東京」がプレオープン。その日は、グルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)も訪れるとあって、店にはかつてない緊張が走っていました。

 そして当日、なんと、雇っていた従業員の一人・柿谷(大貫勇輔)が調理中にバックレ、姿を消してしまいました。しかも柿谷は、任されていたウニの下処理もしていないという。

 これには裏事情があり、実は柿谷は、レストラン「gaku」のオーナー・江藤不三男(手塚とおる)によって送り込まれた、妨害要員だったのです。しかし「グランメゾン東京」メンバーは、なんとか力を合わせてこのピンチを乗り切り、無事、プレオープンを成功させました。

 そんなバタバタだった時間を乗り越え、芹田がコンビニ前で休憩していると、目の前に柿谷が現れます。視聴者の多くはここで、芹田が柿谷に殴りかからんばかりの怒りを爆発させるかと思ったのですが、芹田は

「どうしたんすか、急にいなくなって」とめちゃめちゃ軽い一言。これには、

《柿谷見つけた芹田、優しすぎてわらった。どうしたんですかーじゃないよwww》
《何も考えてないねコイツw》
《天然じゃなきゃ言えない発言(笑)》

などツッコミの声が上がりました。

●2位「ウィ シェフ…」(尾花夏樹ほか/木村拓哉ほか)

 2位の台詞は、「ウィ シェフ…」。「グランメゾン東京」のシェフ・倫子(鈴木京香)が命令を下したとき、他の従業員たちが「ウィ シェフ」と返事をします。その中でも、尾花の「ウィ シェフ」には歓喜の声が。

 というのも、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の人気コーナー「ビストロスマップ」では、中居正広扮するオーナーの指令に、木村たちシェフが「ウィ!ムッシュー!」と答えるのが定番となっていたため、SMAPファンから

《ウイ シェフ ウイ ムッシュ ビストロSMAPが脳内再生される あー、SMAPに会いたい》
《あえて ウィー シェフ! じゃなくて ウィー ムッシュ!と言わせて! スマスマ生まれビストロ育ち》
《ウィー ムッシュって言うかと思って突如すっごいドキドキした》

といった声があがったのです。

●1位「ウニ 出とるやないかい!」(江藤不三男/手塚とおる)

 1位は、この回でもっともネット上で盛り上がったこの言葉。「グランメゾン東京」に柿谷を送り込み、妨害に成功したと思っていた江藤。しかし、SNSへの書き込みによって、調理不可能かと思われたウニ料理が出ていたことを知ります。すると、柿谷に向かって、怒りの形相で「ウニ 出とるやないかい!!」

 これには、

《「ウニ…出とるやないかい!」が本日のパワーワード》
《今日いち笑ったとこ》
《もうギャグでしょ。 じわじわくる》
《ウニ出とるやないかい!! トレンド入りしないかなー》

など、爆笑が起こりました。

 果たして、次回はどんな名台詞が飛び出すのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました