タピ恫喝・木下優樹菜を過剰擁護! 加藤浩次と近藤春菜に「気持ち悪い」「MC辞めろ」

女性芸能人お笑い芸人, スッキリ, マッギャーマン, 加藤浩次, 木下優樹菜, 近藤春菜

(絵・マッギャーマン)

 今までタブー化され、テレビで全く扱われてこなかった、木下優樹菜の“タピオカ恫喝事件”。しかし、芸能活動休止を発表して以降、ついにテレビでも扱われ始めることに。そこで“身内”が擁護を連発していることに、ネット上では怒りの声が続出している。

 擁護の中でも特にひどかったのが、木下優樹菜の夫・藤本敏史と同じ事務所の加藤浩次や近藤春菜がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)だという。

 まず春菜は、木下について「家族に対する思いっていうのは人一倍ある子で、お姉さんが直接関わっている事に対しての、感情をそのままぶつけてしまったというのもあると思う」と、勝手に心情を予想して擁護。さらに「自粛の間は相手の方に真摯に向き合って、本当に和解できる様に謝罪していくしかない」と、復帰前提でコメントしている。

 加藤浩次も「木下優樹菜さんとは若い頃から何度も一緒に仕事をしていて、全く裏表のない本当に素直な子だなって印象。藤本くんと結婚した後も同じ様な印象しかない」と人柄を大絶賛。「“事務所総出で”とか、そういう言葉を使ってしまったのは問題があるんだけど。まあ感情的になったものが強くなってしまったのかな」と思いやった。

 だが木下の行為と言えば、姉が務めるタピオカ店の店長に対して、

《これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね》
《週刊誌に 姉がこういうめにあったって言えるからさ》
《覚悟決めて認めなちゃい おばたん》

など、侮辱、脅迫をしており、言葉遣いも含めて極めて下劣。また、この事件をきっかけに、各メディアでは、木下優樹菜の学生時代のイジメ行為、テレビ番組スタッフや一般人に対する暴言が報じられている。

 そんな木下優樹菜を擁護した身内勢・加藤と春菜には、

《MCとしてダメだろ》
《加藤と舎弟の春菜 この2人懲りないな早よ引退しろ 擁護するんでなく悪い物は悪いでぶった斬れよ!》
《加藤も春菜もハゲもなんか木下に金積まれとんか?擁護しすぎ!》
《加藤浩次さんも春菜さんも、擁護ばかりで気持ち悪かった》
《近藤春菜は、友達だけ擁護するならコメンテーターなんか辞めてまえ》

といった批判の声が上がっている。

 一方で『とくダネ!』(フジテレビ系)では、カズレーザーが「“事務所総出で”っていうのがパワーありすぎて、一般の人って芸能事務所よく分からないから、途方もなく怖く感じる」「あれは脅迫にはならないんですか?かたぎの言葉じゃない気がする。怖いですよね」と痛烈批判していた。