LUNA SEA“結成30周年”ライブでSLAVEが大歓喜!「ドドド定番のセトリだけど…」

その他

 今年で結成30周年を迎えたLUNA SEAが、「LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days-」と題し、5月31日と6月1日に日本武道館で記念ライブを敢行した。

 武道館の席は、360度全てを開放した上に、急遽立見席まで開放。それでもチケットは入手困難なほど応募が殺到し、会場は超満員で埋め尽くされた。

 ライブがスタートすると、30年の軌跡を詰め込んだ紹介映像が流れだし、観客のボルテージが高まっていく。そして、メジャーデビューアルバム『IMAGE』のオープニングのインスト「CALL FOR LOVE」が流れ出すと、会場にどよめきが。

 メンバーが登場し、LUNA SEAライブのド定番曲「Dejavu」が投下されたところで、会場は熱気の渦へと変わっていった…。

 そこからは、「PRECIOUS…」「JESUS」「DESIRE」「SHINE」といった、これまたライブド定番曲かつ、ポピュラーなシングル曲のオンパレードに…。

(絵・かつを武士)
でもノリノリ
やはりノリノリ

そして、ついに…

SLAVEたち、、なぜなのか…

 “30周年”を意識したライブだったため、再始動後の曲は少なく、定番曲を盛り込んだライブ構成だったようだが、これにはライブ参加者から

「定番リストだけど、定番が一番なのかもしれない」
「定番セトリばっかりじゃなくて違う曲やってよ! とか、攻めたセトリ頼むよ! とか、思うけども(笑)それでも還る場所なんだなぁとしみじみ感じた武道館ライブでした」
「ドドド定番のセトリだったんだけど、隆一の手術後以降の初ワンマンだったことを考えればあのセトリにも合点がいくし、近年だとあれほどオーソドックスなセトリって一周回って引けなかったりしたから非常に良かったと思います」
「正直いつもの曲ばっかりかなって感じだったけど、今回みたいな王道セトリもやっぱりいいなと思えた」

といった感想があがっていた。

 しかし、アンコールでの「Hold You Down」の盛り上がりを見る限り、新曲もリリースから2、3年すればライブに馴染んで、定番曲のように盛り上がりが大きくなる模様。いつか、再始動後の曲だけで大盛り上がりするライブが行われる日が来るのだろうか。結成30周年のLUNA SEA、さらなる進化が楽しみだ。

セットリスト(5月31日)

01.CALL FOR LOVE〜Dejavu
02.PRECIOUS…
03.JESUS
04.DESIRE
05.SHINE
06.宇宙の詩〜Higher and Higher〜
07.gravity
08.Providence
09.GENESIS OF MIND〜夢の彼方へ〜
10.Dr. Solo & Ba. Solo
11.FATE
12.I for you
13. IN SILENCE
14.STORM
15.ROSIER
16.BELIEVE

En.
17.悲壮美
18.Hold You Down
19.TONIGHT
20.WISH

コメント

タイトルとURLをコピーしました