松本人志、案の定木下優樹菜から”圧力”をかけられていた! 『ワイドナショー』で明言

女性芸能人
(絵・マッギャーマン)

『ダウンタウン』松本人志が24日、レギュラーを務める『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。“タピオカ恫喝”問題で芸能活動自粛を発表したタレント・木下優樹菜について言及し、“事務所からの圧力があった”ことを暗に示した。

今までタブー化され、テレビで全く扱われてこなかった、木下優樹菜の“タピオカ恫喝事件”。

(絵・マッギャーマン)

事件が表沙汰になってから、活動自粛の発表されるまで約1か月半。ネットでは大炎上し、木下を起用していた企業もこぞって木下を降板するほどの大事件にも関わらず、一向にテレビでは報道されない。そんな異例の扱いに、ネット上では「事務所からのメディアに報道規制されているのでは」などと不満の声が多くあがっていた。

松本は、テレビで報道されないことに対し、「僕としては扱ったほうがいいんじゃないかなとずっと思ってて…待て状態だった。こうなった時にいきなり“ゴー”言われているみたいで…。しつけをされている犬のような気になるので、コメントしたくない。せきを切ったように言うのは」と、制作側からひいては木下の事務所から『待て』されていたことを告白。

そして、「ちょっとタイミングを見誤ったんだろうな。ご本人なのか事務所さんなのか。正直、くさいものにふたをした感が否めない。今の時代、炎上しちゃうから下からふたをしてもグラグラなって、土鍋のふたのように蒸気がバーって出るでしょう。はよ開けな、開けなって、開けたころには煮すぎた白菜のように、タレントもくたくたになっているというそういう状態じゃないですか」と、活動自粛にまで騒動が広がったことについて分析した。

「松本は、以前にも芸能界の“タブー”について明言しています。モデル・マギーが、ロックバンド『Hi-STANDARD』横山健との不倫が週刊誌やネット上で大きな話題となっていたころ。一向にテレビが触れない現状を憂いてか、全く違うニュースのコメントで突如『マギーの話がしたい』と爆弾発言。MCの東野幸治から『その話は奥の方に置かせてもらっていいですか』『鍵がかかっているから開きません』などと応え、暗に“なにかの圧力”で話すことが出来ない状態であることを示唆していました」(芸能ライター)

そんな前例がありながらも、今回のように『待て状態だった』と明言するのは異例中の異例。ネットでも反響を呼んでいるようで

「事務所からの圧力がやはりあったのですね」
「やっぱり、松ちゃんが今まで『事務所が抑えてるケースがある』と匂わせてたのはこの件だったんやなぁ」
「結局はマツモトさんも事務所のゴーサイン出るまでは黙ってたのは残念」
「松本さんクラスでも犬にならざるを得ない状況にテレビの限界を感じます」
「『扱ったほうがいいと思ってた』なんて後出しジャンケン」
「『待て状態』だったってことを掘り下げて欲しい」

などと様々な意見があがっている。

先日、不祥事続きの吉本興業について「大きい会社で、それなりに力もあるんですけど(所属タレントに)変なニュースがあっても抑えないところは褒めてあげたい」と語ってい松本。今後も芸能界の“正常化”に努めていってほしいものだ。

●関連イラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました