『嵐』二宮和也”自宅にWi-Fi6本” ツッコミが殺到した理由とは…

男性芸能人

 『嵐』二宮和也が11月24日放送のラジオ『BAY STORM』(bayfm)に出演。自宅のネット環境について明かしたところ、その実態にネット上では「IT音痴っぽそう」「この発想はなかったわ」などと驚きの声が続出している。

(絵・いんしゅりん)

「事の発端は、10月24日放送の『VS嵐』(フジテレビ)に出演した際のこと。自他ともに認めるゲーマーでインドア派の二宮が自宅のネット環境について、PC用、スマホ用、ゲーム用など用途別に“計6つのWi-Fi”を飛ばしていると衝撃の告白をし、スタジオを沿いう前途させていました」(テレビ誌ライター)

 そんななか24日のラジオでは、リスナーから話題の6つのWi-Fiの管理について質問が。

 二宮はそもそも6つ契約している理由として、「Wi-Fiが1つだと、回線落ちしたときに迷惑をかける」と、PCオンラインゲームで共にプレーする仲間に気遣っているためだと明かした上で、「自分の都合で回線落ちしたくない」とWi-Fiの接続不良でプレーが滞ってしまうことを危惧しているからだそう。「電波塔みたいなのたってますから。全部屋にえげつないやつが」と茶目っ気たっぷりに話し、「意外と干渉しない」と混線せずスムーズに使用できていることを明かした。

 また、各Wi-Fiの使い分けは、用途別だけでなく“験担ぎ”の意味もある模様。ゲームで好成績を残せた“縁起が良い”回線など「ここに、このWi-Fiを使いたい!」と本人なりに差別化をしているのだという。そして、リスナーからの質問でもある多回線で苦労したこととして、「パスワードが見つからないときがあって、管理が大変ですね」と悩みを明かし、「近所の人は、急に6(つのWi-Fiが)反応して、びびってるんだろうなぁ」とおどけた様子で話した。そうしてひとしきり熱く語り終えると、二宮は「わかってくれる人、いないですね…」とポツリとつぶやくのだった。 

数々の発言のなかでも、オンラインゲームで「回線落ちしたくない」という理由に対し

「オンゲは有線でやれよ」
「IT音痴っぽそう」
「オンゲーはWi-Fiでやるな」
「イケメンでアイドルじゃなきゃ完全にヤバいおじさんやな」
「回線落ち気にするのにWiFiなの?」
「この発想はなかったわ二宮すげーな」

などと、ツッコミの声が続出。あわや、昨今話題の“こども部屋おじさん“に例える声まであがってしまっているようだ。

ひときわこだわりがありそうな二宮。新婚生活に支障がないといいが…。

●関連イラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました