”匂わせのプロ”矢田亜希子の仰天行動に「高校生かよ…」『モトカレマニア』第8話

ドラマ

12月5日、女優・新木優子が主演を務めるドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第8話が放送された。草木染め作家・桃香演じる矢田亜希子の〝匂わせ女子〟っぷりに、視聴者からは

新木が演じるのは、不動産会社で働き始めた27歳独身・難波ユリカ。初めて付き合った彼氏の“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)のことが忘れられず、ついには元カレを“推しまくる”「モトカレマニア(MKM)」になり“幸せだった過去の恋の時間に浸る”のが趣味に…。しかし、そんなユリカに災難(?)が! なんとユリカが就職した不動産会社に、実はマコチも同僚だということが発覚したのだ。2人は戸惑いつつも再会するのだが…。 同ドラマは、そんなユリカの暴走と試行錯誤の恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描くラブコメディーとなっている。

元夫との家を売却しようと、ユリカが務めるチロリアン不動産に相談にきた桃香。しかし、ユリカが多忙のため、代わりにマコチが桃香の案件を担当することに。担当として時間を共有していくうちに、元夫との相談などプライベートな話題もするようになった二人は、マコチたっての希望でユリカに手作りの草木染めをサプライズプレゼントすることを計画。

一方そんな事情を全く知らないユリカは、途端に帰りが遅くなるマコチに不信感を抱きはじめる。そこで、桃香のinstagramを何気なく覗いてみると… そこにはなぜかマコチの存在を〝匂わせる〟写真や動画の数々が! それは、普段マコチが身に着けている腕時計が写ったものや、さりげなく撮った動画にマコチを映り込ませるなど相当な〝強い匂い〟のものばかり。匂わせ投稿に不安が限界に達したユリカは、桃香の元へ訪ねてみることに。すると、そこにはマコチと、マコチの肩にもたれかかった桃香という衝撃的な姿を目撃してしまう。

実は桃香の本当の目的は、ユリカに嫉妬させるためではなく、既に新しいパートナーを見つけた元夫への当てつけだった。自分にも若くてカッコいい新しいパートナーがいるのだと、元夫に見せつけたいがための行動だったのだ。自分は愛されていないのに、ユリカはまっすぐにマコチに愛されている… そんな嫉妬もあってか桃香は時に、マコチがユリカとのライン中わざとハンガーラックを倒して、気を引こうとしたことも…。

そんな矢田亜希子の〝嫌な女〟っぷりに、視聴者からは

「桃香は自サバで実はめんどくさい女だったのか」
「桃香めっちゃクソ女やん!! って思ってたら そっちに匂わせかー!!ってなったわ」
「桃香さん匂わせしてインスタの ストーリーの既読チェックしてたの 高校生かよって思いました笑」
「桃香、匂わせプロだわ」
「どっちにせよ、桃香はめんどくさい。分からなくもないけど」

などと、ツッコミの声が続出している。

すれ違ったままのユリカとマコチは一体どうなってしまうのだろうか。いよいよ本日放送される最終回も見逃せない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました