ケンドーコバヤシが”チノパンを拒否”! その”悲しき”理由にスタジオ爆笑

男性芸能人

ケンドーコバヤシが12月11日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBS)に出演。チノパンを穿かない“悲しき”理由を明かし、スタジオを爆笑に包んだ。

 この日のゲストは、先ごろ『AKB48』から卒業を発表した峯岸みなみ。某週刊誌で “呼べば来る女”という不名誉なレッテルを貼られている峯岸に、リスナーから「次、仲良くなりたいのは“何王子”ですか?」と質問が飛ぶ。MCの『アンガールズ』田中卓志から「周りにまだ王子いるの?」と聞かれた峯岸は、「巷で聞くのはシャンパン王子とかがいるらしい」と笑いながら回答。

峯岸の身の安全を危惧した田中が「峯岸さんは行かないほうがいい」「守れないでしょ、自分をシャンパンから」と助言し、峯岸も「本当にそうですよ。絶対にその方がいいんです」「分かってますよ」と、過去の飲み方を反省している様子を見せた。

 “王子”の流れで、突然「でもあなた、二人の王子を目の前にしていますよ」と言い出したケンコバ。訳が分からず戸惑っている峯岸に対し、「初めまして、残尿王子です」となぞの自己紹介をし、田中も「脱糞王子です」と悪ノリ。続けて田中が「本当に歩いている途中で出ちゃう、ブリブリブリって…」「でも何度も漏らしているからすごく冷静」と生々しい告白にスタジオでは軽い悲鳴が。

するとケンコバも「残尿王子は、しっかりおしっこしきって、ファスナーあげて、手洗って、楽屋以降としたら“ジャーッ”て…」「“こっちが本尿“という感じ」とリアルな体験談を明かし、「気づいている人は気づいていると思うけど、ケンドーコバヤシは2年くらい衣装でチノパンを履いてないです」と告白するのだった。

「ケンコバの言う通り、ファンの間ではケンコバが残尿に悩んでいることは言わずと知れた事実。自身がMCを務めるトーク番組『にけつッ!!』(日本テレビ系)や情報番組『ゴゴスマ~GOGO!Smile!~』(CBCテレビ)で、自らを“残尿王子”ほか“残尿ボーイ”などと称していました」(テレビ誌ライター)

ケンコバがチノパンを再び穿くようになるとき、それ即ち残尿が完治したという証。そんな視点で今後の衣装をチェックしてみてもいいかも!?

●関連イラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました