GACKTが佐藤健に憑依!? 『恋つづ』の演技に「似すぎてる!」

ドラマ

 現在放送中の上白石萌音主演のラブコメドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)。佐藤健の演技が、あの大物アーティストにそっくりだと話題になっている。

 上白石は今作が初のナース役。医療の現場で一生懸命に働きながら、ときに喜び、ときに苦しみ、そして仕事だけでなく恋愛に対しても純粋で常にまっすぐで勇敢なキャラクター・佐倉七瀬(さくら・ななせ)を演じる。

そして、七瀬が一目ぼれをした超ドSなドクター・天堂浬を演じるのは佐藤健。天堂は、容姿も仕事の腕もピカイチで周りの誰からも一目置かれるエリート医師。患者に対しては真摯に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりは冷徹なまでに完璧。さらにストイックであるがゆえ周囲から“超ドS”と見られ、「魔王」と恐れられている存在だ。

「佐藤健の演技は、少女漫画が原作ということもあってか、かなりキャラクター的。いつもより低い声を出すなど、明らかに作り込んでいますし、目を細めるキザな仕草も多用しています」(芸能記者)

 この演技によって、見事に女性視聴者をキュンキュンさせているがその一方で、佐藤の作り込んだ低音ボイスに対して、

「佐藤健さんの声GACKTにめっちゃくちゃ似てない!!!????」
「佐藤健のGACKT風の声はわざとあの低さにしてんのか?普段もう少し高い気がするんだけどね」
「ドラマの佐藤健くん喋り方がGACKTみたいだなあ」
「GACKTのイマジンが憑依してる佐藤健」
「佐藤健のモノマネ候補にGackt入れられるレベルだよね」

など、元『MALICE MIZER』のボーカル・GACKTに似ているとの指摘が相次いだ。

 普段から2人の声は微妙に似ていると言われていたが、今回佐藤健が低く声を出していることからさらに似通ってしまったよう。「魔王」を演じるという意味では、GACKTに似せるのは正解かもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました