佐藤健が乙女すぎる!『恋つづ』ヒロイン化した天堂先生に「可愛い!」続出

ドラマ, 女性芸能人, 男性芸能人上白石萌音, 佐藤健, 恋はつづくよどこまでも

 現在放送中の上白石萌音主演のラブコメドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)。第5話で見せた佐藤健の乙女っぷりが話題となっている。

 上白石は今作が初のナース役。医療の現場で一生懸命に働きながら、ときに喜び、ときに苦しみ、そして仕事だけでなく恋愛に対しても純粋で常にまっすぐで勇敢なキャラクター・佐倉七瀬(さくら・ななせ)を演じる。

そして、七瀬が一目ぼれをした超ドSなドクター・天堂浬を演じるのは佐藤健。天堂は、容姿も仕事の腕もピカイチで周りの誰からも一目置かれるエリート医師。患者に対しては真摯に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりは冷徹なまでに完璧。さらにストイックであるがゆえ周囲から“超ドS”と見られ、「魔王」と恐れられている存在だ。

第5話では、ついに天堂と七瀬が付き合うことになる。しかし公私混同したくないという天堂は、交際の事実を周囲に明かさないよう七瀬に口留め。浮かれる七瀬をよそに、天堂はいつもと変わらぬ態度で接し続けていた。

そしてドラマ終盤、天堂は七瀬に“チョココロネ”を渡す。差し入れだと思って「いただきます。う~ん! おいしい!」と平然と食べる七瀬だが、天堂はそんな七瀬を見て複雑な表情を浮かべていた。

実はこの日はバレンタインデーだったのだ! 天堂はさりげなく“逆チョコ”を七瀬に渡して様子を窺っていたが、そんな“乙女心”は全く気付かれなかったようである。

この一連の流れに、視聴者はキュンキュン。

「チョココロネ渡したあと反応をちょろちょろカクカク見てるの可愛いし不器用なの可愛い」
「バレンタインだからチョココロネ。七瀬より乙女な天堂先生 み」
「いつもツンデレだけぶっこんでくるくせに、今日はバレンタインデーだからチョココロネあげるっつー乙女心までぶっこんでくる天堂先生なんなん!好きじゃん、こんなん!」
「バレンタインだからってチョココロネ買っちゃうの乙女だ」
「天堂先生、乙女やんww」

といった声が上がっていた。

 七瀬のヒロイン力は少し弱いが、その分は天堂が補っているのかもしれない。