佐藤健の私服が“爆イケ”すぎ! 『恋つづ』全身黒コーデに「GACKT感ある」

ドラマ, 女性芸能人, 男性芸能人上白石萌音, 佐藤健, 恋はつづくよどこまでも

 現在放送中の上白石萌音主演のラブコメドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)。第7話で、佐藤健演じる天堂が私服を披露したが、その浮きっぷりが大きな話題となった。

 上白石は今作が初のナース役。医療の現場で一生懸命に働きながら、ときに喜び、ときに苦しみ、そして仕事だけでなく恋愛に対しても純粋で常にまっすぐで勇敢なキャラクター・佐倉七瀬(さくら・ななせ)を演じる。

そして、七瀬が一目ぼれをした超ドSなドクター・天堂浬を演じるのは佐藤健。天堂は、容姿も仕事の腕もピカイチで周りの誰からも一目置かれるエリート医師。患者に対しては真摯に向き合うが、完璧主義者で仕事ぶりは冷徹なまでに完璧。さらにストイックであるがゆえ周囲から“超ドS”と見られ、「魔王」と恐れられている存在だ。

第7話では、ついに天堂の彼女となった七瀬が、天堂の姉・流子(香理奈)から遊園地デートを提案される。そこで七瀬は思い切って天堂を誘い、休みの日に遊園地へ出かけることになった。

七瀬が遊園地の入り口で待っていると、天堂は黒のロングコートに黒のタートルネック、パンツ、靴、靴下も全部黒という、全身黒コーデで登場。さらにサングラスもかけており、カッコよさは抜群だが、遊園地という場所にはかなり不釣り合いな雰囲気を醸し出していた。

視聴者からも天堂の私服には、

《私服の天堂先生GACKT感ある》
《遊園地に全身真っ黒サングラスで現れる天堂先生ヤバイwww》
《冬にプライベートでサングラスするの芸能人か天堂先生しか許せません←え》
《デートにサングラスかけてくるのはちょっとキツイよぉ…》
《冬にこんな薄いサングラス決める男いる?!》

などツッコミが続出していた。

 それでも、「カッコいいから許す!」との声が大半だった天堂の私服。“ただしイケメンに限る”とは、まさにこのことだろう。