渋谷中にあふれかえる“自分”に大興奮!『週刊KAT-TUN亀梨和也』vol.7

男性芸能人

3月25日、亀梨和也の後輩・Sexy Zone中島健人とKing&Prince平野紫耀が司会を務める音楽特番「Premium Music 2020」が生放送されました。

KAT-TUNもこの番組に出演し、後輩の勇姿を見守ったり、定番の「Real Face#2」を定番のド派手な特効で歌ったり、延期になってしまったプロ野球中継のテーマソング「to the NEXT」を歌ったりと大活躍。特に亀は、読売ジャイアンツの坂本勇人選手・岡本和真選手に「背中を押した曲」を聞いたインタビュー映像や、「KAT-TUNの亀梨和也」という存在を世に知らしめたドラマ「ごくせん2」の映像も流れて見せ場がたくさんでした。

そして1番面白かったのは、OA翌朝に放送された「ZIP!」での発言…!

KAT-TUNは本番終了後にインタビューを受けたようで、生放送で歌った「Real Face#2」にかけてデビュー当時のエピソードが。亀は「渋谷がKAT-TUN(のポスター)だらけだったんですよ」と当時を振り返り、ここでレポーターから「渋谷は、チェックしに…?」という質問が来ます。

この質問に「行きました行きました!何の用もないのに」と返した亀。やはり待ちに待った記念すべきデビューだけあって、自分がどんな風になっているかは気にしたみたいです。そして直後、彼の口からはこんな発言が…

「道玄坂を5往復くらい」

5往復!何の用もないのに5往復!この人めっちゃデビューを感じてる!あちこちに貼られた自分の広告見てデビューの実感を噛み締めてる!もしくはめちゃくちゃ自分のこと気にしてる!

普段は堂々と立ち振る舞ってるのに、当時はこんなお茶目なことをしていたなんて。ていうかそれ本人じゃなくてファンがやる行動!そりゃ横にいたゆっち(中丸雄一くん)も「道玄坂5往復したんすか!?」って目玉丸くして驚きますよ。

4月29日に発売される亀と山Pのアルバムもたくさん広告が打たれそうですが、果たして今回は自分の足でチェックするのでしょうか。ポスターを撮ってSNSに上げたら、本人がエゴサーチして目に止まったり…はないか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました