スピワ・小沢一敬も驚く“亀梨和也”の裏の顔!『週刊KAT-TUN亀梨和也』vol.20

男性芸能人

前回に引き続き、今回も共演者にまつわるエピソード。

自分が思うに、ファンだからという贔屓目を抜きにしても、亀梨和也という人間は同業者からの支持が厚い。大げさに言うと「文献調査」になるのかな(笑)?彼に関する様々なインタビューやエピソードトークを聞くと、裏でも真面目な誠実さ、人柄や魅力に惚れ込む人が続出していることがうかがえる。

前回の主役・オアシズ大久保佳代子さんや木村拓哉先輩といった年上からは可愛がられ、事務所の後輩、俳優の三浦翔平さんといった年下からは尊敬され…「妖怪人間ベム」で共演した鈴木福くん(もう「さん」付けする年齢か?)は、10年近く経った今でも兄のように彼を慕ってくれている。

前置きが長くなりましたが、そんな彼の真摯さを認め、褒めてくれた人がまたしても…!それは、7月4日に生放送された日本テレビ系のプロ野球中継「巨人vs中日」で垣間見えました。

亀は中継の副音声を担当しているのですが、なんと今年からはYouTubeでの配信もスタート。出演者同士のやりとりが映像でも見られるようになった他、「#亀梨とリモート観戦」というハッシュタグで視聴者のツイートに答える企画も行われています。そしてこの日、中継中にこのハッシュタグがトレンド入りしたことが伝えられ、 中日ファン代表として出演したスピードワゴン・小沢一敬さんは「みなさんありがとう!さらにどんどん書き込んでくださーい!こちらどんどんブロックしまーす!」とボケて笑いを誘いました。

しかし、直後に小沢さんは恥ずかしそうな顔で「これね…(カメラが)回ってないCMの時もやっちゃったの」と告白。文字通り赤面エピソードを明かし、亀からも「今ね、配信していない時に全力でやっていただいたという(笑)」という説明が加えられます。

すると、これに対し、小沢さんは「亀梨くんが普通に『お!トレンド入りした!』って言ったから、『みなさーん!』ってつい言っちゃったのよ(笑)」とコメント。続けて「だから亀梨くんが凄いのよ。(カメラが)回ってる時も回ってない時も同じテンションで話してくれるから」「俺は回ってると思ってたから」と弁解しました。

そう、一見すると生放送にありがちなこのハプニング、実は亀が誠実がゆえに小沢さんが勘違いして起こったんです…!コンサート・演技・バラエティ・野球…「亀梨和也」というスターが裏でも表でも全力投球だということに、また新たな裏付けが生まれた瞬間でした。

こういう細かいところに出るって普段から意識を高く持ってる証拠だから、改めて「表現者」としての彼に尊敬したなぁ。その心がけで、これからも我々を魅了してくれますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました