『バチェロレッテ』杉ちゃん「ハイスペック」すぎる! 「黄皓」クラスの化け物だった ローズは…

その他

今度は女が選ぶ番!あの『バチェラー』の男女逆転版、『バチェロレッテ』の配信がスタートし、毎週木曜夜は、ネット上があれやこれやとお祭り騒ぎになっています。ところで、画家の“杉ちゃん”こと、杉田陽平さんが、とてつもないハイスペックだとご存じでしょうか。

1人の独身女性を、職業、年齢、容姿、性格もさまざまな17人の男性が奪い合う婚活サバイバル『バチェロレッテ』。初代バチェロレッテは、規格外セレブにして、現代的な強さと美しさを兼ね備えた福田萌子さん。顔はフィギュアスケートの安藤美姫さんにめちゃくちゃ似ている。上品な木下優樹菜さんという雰囲気もある。髪色がとても気になります。

豪華でロマンチックなデートや国内外での旅を通じて、パートナーとなる男性を選び抜くのは、『バチェラー』と同様です。

【以下ネタバレあり】

 さて、10月16日に配信されたエピソード5、エピソード6では、

原田泰造風のイケメン実業家『黄皓』(コウ・コウ)
藤井聡太2冠風のイケメン『北原一希』(キタハラ カズキ)
ジャングルポケット・おたけ風のイケメン『杉田陽平』(スギタ ヨウヘイ)
滝沢カレン風のイケメン『當間ローズ』(トウマ・ローズ)
山下智久風のイケメン『榿澤涼太』(ハンノキザワ リョウタ)
イケメンofイケメン『エバンズ ・ マラカイ』
伊藤淳史風のスーツ男『牧野龍介』(マキノ リョウスケ)

の7人が生き残りをかけて対決していきました。

 エピソード5で脱落したのは、イケメンスーツ男の牧野さんと、『バチェロレッテ』史に残る不憫な最期を遂げた榿澤さんです。

 ここで注目したいのが、残った7人の身長。身長を公表している人といない人がいるので正確な数字はわかりませんが、ワースト2が間違いなく牧野さんと榿澤さんであることは観るだけでわかります。この2人は、おそらく萌子さんよりも低いでしょう。「結局身長かい!」とツッコみたくなります。低身長男子には残酷なエピソードでした。

 しかし、実際はというと、牧野さんと榿澤さんはまったく低身長ではありません。芸能活動もしていた榿澤さんは「タレントデータバンク」によると、なんと172cm。『バチェロレッテ』では155cmくらいに見えるのに…。

 というわけで、何が問題かというと、『バチェロレッテ』のほかのメンバーがデカすぎるのです。まずそもそも、福田萌子さんは176cmで、モデルの冨永愛さんと3cmしかかわらない。おそらくガッキーとほぼ同じ。

 そして、マラカイさんは193cmと、日本社会では浮いてしまうほどの高身長。當間ローズさんは185cmだと公式で明かされています。

 2人が高いことは上半身だけを見てもわかりますが、ここで気になるのが、「杉ちゃん」こと杉田陽平さんの身長。立ち振る舞いを見ているとなんだか小柄かと思ってしまいますが、よく見ると萌子さんよりも明らかに大きい。他の男性メンバーと比べても身長に大差はなく、ネット上では180cm超え説が有力視されていますね。

 芸能人で例えるとわかりますが、180cmといえば、アンガールズ山根さん、ディーン・フジオカさん、綾野剛さん、玉木宏さん、千原ジュニアさんレベルの高身長なのです。

 しかも杉ちゃん、売れない画家と見せかけて、数々のアワードを受賞し、個展を何度も開いている超売れっ子。愛車は推定5000万円のランボルギーニで、年収はとてつもないという情報もあります。過去には、作品を66万円で売っていたという記録も残っており、スペックがとにかく半端ない。

 番組上では「ダークホース」みたいに扱われていますが、身長180cm超、高収入の売れっ子画家、性格は優しいとなれば、もはやバチェラークラスのハイスペック。いやもう、ほんまに、包み隠さず全てを話すと、バチェラー3の友永真也さんよりも上なのでは? そう思います。そこに関して何の嘘もないです。

いつも真っすぐだった友永さん…

 歴代バチェラーの親友(友永さん以外)の黄皓さんも、もちろんバチェラークラスのハイスペックなので、もはや『バチェロレッテ』は、2人のバチェラーが1人の女性を奪い合っているといっても過言ではありません。

 これに食らいついているのが、平凡の星・ローズさんということでしょう。ローズさんがやたらとデートに誘われているのは、黄皓さんと杉ちゃんが別格で試す必要もないので、ローズさんを試しているのでは? と考えられます。

 果たして、この歴史に残るだろう超ハイスペック男の対決は、どのような結末になるのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました