500億は固い? 劇場版「鬼滅の刃」興行収入100億円突破「千と千尋」の倍以上のペース

アニメ

劇場版『鬼滅の刃』「無限列車編」(外崎春雄監督)の興行収入が107億円を突破。歴代1位の興行収入308億円の記録を持つ「千と千尋の神隠し」を遥かに凌ぐウルトラぺースに、感嘆の声があがっている。

『鬼滅の刃』「無限列車編」は、公開初日から3日間で興行収入が46億円を突破。この時点でも歴代のどの作品をも上回るペースだったが、一部では「話題型」という指摘もあり、最初の数日の勢いだけだと見る意見もあった。

しかし、勢いはまったく衰えることはなく、公開から10日で興行収入が100億円を突破。「千と千尋の神隠し」は公開から25日で興行収入100億円を突破しているだけに、2倍以上のペースとなっている。

これにネット上では「勢いが落ちなかったら2ヶ月で600億じゃんw」「マジで鬼滅は映画で、どれだけ稼ぐんだろうな~ 俺は600億と予想する」「冗談抜きで鬼滅の刃の映画は400億とか500億円の世界になるだろうな」「鬼滅の刃こうなったら500億くらいまで行ってほしいな」「鬼滅の刃今日で100億か、最終的に1000億行ったら凄いな、500億は行くかもな」など、興行収入500億円は固いという見方が多い。

「アニメ映画などは、公開してからしばらくした後に、新たな『入場特典』をつけてリピーターを増やし、勢いをブーストしたケースがいくつもあります。現在、『鬼滅の刃』は入場者特典として、原作者・吾峠呼世晴先生描き下ろし漫画などを収録した『鬼滅の刃 煉??獄零巻』を配布していますが、これが切れた後に第二弾の特典は考えられそうです」(週刊誌記者)

実際、ネット上では「鬼滅の映画100億突破とか凄い これ入場特典の第二弾でも用意したら千と千尋超えも夢じゃ無いんじゃないの?」「ここからさらにアニメ映画お得意の新しい入場特典があればリピーター増えてさらに伸びるから恐ろしいね」「鬼滅の刃入場特典新しいの出したらもっと人くると思うし、俺ももう1回行きたいしどうせならなんか欲しい笑」「鬼滅次の入場特典つくのいつだろ?」といった声があがっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました