波平×カツオ?『サザエさん』「父さんと相部屋」とは一体

アニメ

10月25日放送のアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)。エピソードは「父さんと相部屋」「わが家の法律」「親バカですみません」の3本立てだった。

注目の話は、「父さんと相部屋」。ある日、ワカメは「トイレに起きた時、お兄ちゃんについてきてと頼むとお金を取る」と家族に訴える。お金にうるさいカツオらしいエピソードだが、なんとこれにより、カツオは罰で波平と相部屋で寝る事に。しかし、波平のイビキが想像以上の大きさで、翌朝カツオは、いびきがひどくて眠れなかったとぼやく。「まるでガード下で寝てるよう」と例えると、タラオは「おじいちゃんのイビキは電車の音ですか!」と思い込み、波平と一緒に寝たがる…というもの。

ネット上では、タイトルだけでなにやら意味深なものだと考える視聴者が多かったようで、放送前から「父さんと愛部屋だと!?」「父さんと相部屋。なにも起きない筈がなく」「スケベそうなタイトルだな」「今のうち言っとくわ 来週のサザエさんの父さんと相部屋回騒がれそうだな〜wwwwww」といった声があがっていた。

なお、実際の放送では、波平と寝ることが嫌なカツオが、波平のいびきがうるさいとうそをつき、家族が「そんなに父さんのいびきってうるさかったかしら?」と、不審がるという展開に。ここで波平は、「おじいちゃんのイビキは電車の音ですか!」と信じ込むタラオのために、わざといびきをかき、カツオの汚名を晴らしながら、タラオの期待にも応える神対応をしていた。

なお、他のエピソードも、「わが家の法律」では、「磯野家基本法」が設立されるなど、なかなにぶっ飛んだ週であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました