いきなりメラゾーマ、アバンストラッシュ!『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』ポップ、アバン先生の登場

アニメ

10月よりテレビ東京系列にて放送がスタートしたアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』。国民的RPG「ドラゴンクエスト」をもとにした作品で、週刊少年ジャンプにて連載された漫画『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』の単行本の累計発行部数は4700万部を突破している。連載期間が1989年から96年ということもあり、「ドラゴンクエスト」を知っていても同作を詳しく知らないという人は多い。

第3話「勇者の家庭教師」では、デルムリン島のモンスターが突然凶暴化しだした時、そこに勇者育成業を営む男・アバンと、その弟子の魔法使い。ポップが現れ、ダイを勇者に育て上げるためにやって来たと告げる。大切な人を脅かす魔王を打ち倒すため、ダイは勇者となるための修業をすることを決意する。

原作でも大人気のキャラの登場に、ネット上は「ポップとアバンきたああああ! ポップの声ぴったり 」「ポップの声合ってる! 櫻井さんのアバン先生も良い… 」「ポップとアバン先生のカップリングとか絶対あるよね?」「ポップとアバン出た瞬間テンション上がりましたw」といった歓声があがった。

アバンはまず「マホカトール」という呪文を使ってモンスターを正気に戻す。

するとそこへ、魔王の偵察隊の魔物「ガーゴイル」が現れる。応戦したポップは、なんと、ドラクエでも最上級レベルの呪文「メラゾーマ」を唱えてガーゴイルを撃退。なんだか頼りなさそうな青年が不意に唱えた「メラゾーマ」には驚くばかりだが、

思えば、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』では第1話から、「イオラ」や「ドラゴン」「キングスライム」「キラーパンサー」などフルスロットル。第2話では「ベギラマ」に加えて、「バギクロス」「キラーマシン」といった、ドラクエ本編では後半にしか拝めないワードが飛び出していた。

当時の小学生を熱狂させた「アバンストラッシュ」も炸裂した第3話。「ダイの大冒険」第4話では、りゅうおうっぽい敵「ハドラー」も出てくるだろう。どんな展開になるのか楽しみだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました