「バチェロレッテ」福田萌子の「元カレ話」に驚き! 黄皓とハグをしなかった理由

その他

衝撃の最終回を迎えた「バチェロレッテ」。福田萌子さんのまっすぐな想いと男性陣の活躍で、なんだかんだハッピーエンド?になったが、ネット上では福田萌子さんが過去に語ったことが話題になっている。

【ネタバレあり】

最終章では、イケメン実業家『黄皓』(コウ・コウ)さんと、画家の杉ちゃんこと、杉田陽平さんが残り、2人のどちらかかが選ばれることになる…はずだった。

しかし結果は、どちらも選ばないという答え。特別番組では、バチェロレッテに参加した男性の多くが福田萌子さんの結論を批判したが、第3位の當間ローズさんと、黄皓さん、杉田陽平さんは“彼女らしい”と決断を受け入れていた。福田萌子さんと過ごしてきた時間が長い人ほど、彼女の結論を理解できるのだろう。

ネット上では、そんな福田萌子さんに罵声を浴びせていた男性陣が批判されているが、これも仕方ないことである。ネット上の人たちは、バチェロレッテ全編を見ているが、参加者たちはおそらく放送を見ていない(収録日的に)わけで、その全貌を知らないからだ。情報だけ聞くと、福田萌子さんがルールを破ったとしかわからないから、批判の1つもしたくなるだろう。実際、旅の全貌を知った後、サーファーの萩原章太さんは涙を流して、福田萌子さんの決断に納得していた。

さて、そんな福田萌子さんだが、実は以前、バラエティー番組に出演していたことがある。それは、18年12月放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)。ここで福田萌子さんは、彼氏との夜の営み時間は15分までであること、結婚前にそういった行為をすることに罪悪感があること、罪悪感があるものの経験自体は何度もあることをニオわせる、といった暴露をしていた。

今回の「バチェロレッテ」で、ハグすらためらったりしていたのは、こういった想いが関係しているのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました