西山茉希の悲劇の“子育て”エピソードに同情の声が!?

女性芸能人マッギャーマン, 西山茉希

(絵・マッギャーマン)

 西山茉希がインスタグラムで告白した、子育て中のエピソードに同情の声が相次いでいる。

 西山はまず、「耳鼻科で待ち時間に飽きた子供がぐずり、周囲から冷たい目で見られたり耳をふさがれたりして、悲しい気持ちになった」というファンからの声を紹介。

 そして、自身の似たような体験談をつづった。 

 子供がイヤイヤ期の絶頂だった頃のこと、満員電車に乗っている時に、その子供が泣き出してしまったようだ。西山は怒鳴ることも考えたが、悪循環になると思い、対応に悩んでしまった。するとその様子をジッと見ていた女性が寄ってきて、「あなたのお子さん大丈夫?」と声をかけたそうだ。

View this post on Instagram

#ママさんへ 丁度ちびパンさんがイヤイヤ絶頂期の時に、新生児のちびちびさんと3人で電車に乗っててね、ちびパンさんの泣きスイッチが車内で入った時にね、まだ着かないし混んでるしどうしようかと思ってね、怒鳴りそうになったけど悪循環だからどーにもこーにも答え見つけれずにいたのね。 そしたらさ、 ある女性がジーってこっち見ててね、 こっちに寄ってきたのね。 『あなたのお子さん大丈夫?』って言われたのね。 #きつかったなぁ #かなしかったなぁ #むかついたなぁ #しんどかったなぁ 『大丈夫です。すみません』 それしか言い返せなかったけどね。 嫌そうな顔して、 自分の子供がおかしいみたいな言い方されたことは忘れられない。 #泣いてるのも悪い #そんな時期に交通機関に乗るのも悪い #乗せる親が悪い そう言われても仕方ないことだってわかってるけどね、 生活するために、家に帰るために、 電車で移動する日々なんだもんね。 子供が嫌いな人がいたって当たり前。 泣き声がうるさく思われたって当たり前。 #でもその時母ちゃん必死なんだよね #それ以上の迷惑にならないように必死なんだよね #やめてーって #ごめんなさいーって #心ん中と頭ん中でムンクだよね 耳をふさいだその方も、 私に言ってきたあの方も、 それぞれの感覚で生きてるから仕方ない。 ただね、思ったんだ。 『めっちゃ意地悪そうな顔してる人だなー』って。 #傷ついたけど #悔しかったけど #冷静になれた 『意地悪な顔にならないように生きよう』って思えたから。 #経験は学び #体験は肥料 それから電車にのる状態も気をつけるようになったし、私も学べたことがやっぱりあった。 #悲しいだけで終わったら損 #傷ついて終わったらもったいない 一緒に乗り越えてこ。 #今までの色々も #これからの色々も 日本のせいにしたら悲しいじゃない。 日本のせいにしたら悔しいじゃない。 #子供に対する感情も人それぞれ #許せるキャパが広いのも #それも親である人の勝手なのかもしれない みんなが少しずつ、 みんなに優しくなれればいい。 #そんな気がしましたとさ ( ´ー`)

A post shared by 西山茉希 (@maki.nshiyama50) on

 その時の気持ちを西山は「#きつかったなぁ #かなしかったなぁ #むかついたなぁ #しんどかったなぁ」とハッシュタグを連呼しながら明かす。さらに、「嫌そうな顔して、自分の子供がおかしいみたいな言い方されたことは忘れられない」ともつづっており、どうやらその女性は、嫌味で声をかけてきたと西山は感じたようだ。

 西山の愚痴は止まらなく「思ったんだ。『めっちゃ意地悪そうな顔してる人だなー』って」「#傷ついたけど #悔しかったけど #冷静になれた『意地悪な顔にならないように生きよう』って思えたから」と、その女性の顔が凄まじかったとも明かしている。

 これにネット上では

「本当に悲しい世の中ですね」
「心配してくれたんじゃないの?」
「大きい子が泣いてたら、どこか痛いのかもって心配して声かけてくれたかもしれないし」
「西山茉希も勝気だな~ 意地悪な顔でにらみ合ってそうwww」

など様々な声があがっている。