米倉涼子“FENDIアンバサダー”就任 木村家との差別化

女性芸能人

米倉涼子がFENDIジャパン創業以来初のジャパンブランドアンバサダーに就任。同社の最新コレクションに全身を包んで、就任記者会見に出席した。

アンバサダー抜てきの感想を聞かれた米倉涼子は「若かりし頃から大好きなブランドでしたし、FENDIジャパンの56年の歴史で初めてのアンバサダーと聞いて、びっくりしたと同時にとてもうれしかったです。こんなにたくさんの取材の方が集まってくださったことにも、改めてFENDIのすごさを実感しました」と喜びの声を。

また、アンバサダーとしての抱負については「せっかくですから何かワクワクするような企画をFENDIさんとともに考えて、何か残していけたらなと思っています。95年も歴史があるブランドなので、これを機に伝統的な職人技というものを知って、その魅力を皆さんに伝えていけたらと思っています」と語った。

《誰かさんの娘と違って、この方は凛としていてハイブランドが良く似合う》
《みんな同じこと考えてるみたい。私も同感。米倉さん綺麗!やっぱりハイブランドは、相応の方が着こなしてこそ輝く》
《これが本来のあるべき姿だと思います。とても似合っているし、説得力もある。どこかのティーンエイジャーに釣り合わない姿を見せられても、買う気にもならないし、魅力も感じないもんね》
《米倉涼子さんなら文句のつけようがない。最近、何でこの子が?と言うのが多い気がしてて。FENDIは見る目あるなぁ》

などと賛同の声があがっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました