マリエの「枕営業」告発をメディアがスルーする理由 島田紳助、出川哲朗に忖度

未分類

モデルのマリエによる枕営業の告発。

マリエは4月4日に自身のインスタライブで、「18歳の時、島田紳助さんから枕を誘われた」と暴露。所属事務所・レプロエンタテインメントからは「それでいいの? 今後は仕事なくなるよ」などと注意されたという。さらに当時、誘いの現場にいた出川哲朗ややるせなすら他の芸人が、枕に応じるよう説得していたことも暴露されている。

この告発はテレビではスルー、Yahoo!ニュースで検索しても取り扱っている媒体はない。
東スポが「芸能界大激震! マリエが15年前の悪夢を涙ながらに告発! 「大御所芸人が18歳の私に…」という記事を出しだが、一瞬にして消えてしまった。

Yahoo!に掲載されているようなニュースメディアは、芸能事務所との関わりが強い。
この件が公になると、レプロエンタテインメント、吉本興業、マセキ芸能、ワタナベエンターテインメント などがダメージを負うことになるため、大手ニュースメディアは忖度をして記事を出せないようだ。

週刊文春が芸能人のスキャンダルを多く出せるのは、発行元である「株式会社文藝春秋」がそれほど芸能界との関わりが強くないため

コメント

タイトルとURLをコピーしました