『きのう何食べた?』内野聖陽の”嫉妬”に歓喜「私よりも乙女」

ドラマ
(絵・マッギャーマン)

6月14日深夜に放送された『きのう何食べた?』(テレビ東京系)第10話で、内野聖陽が見せた女性顔負けの嫉妬演技が大好評を博している。

男性カップルの日々の食卓を描いたよしながふみの大人気マンガ「 きのう何食べた?」を原作とした同ドラマ。料理上手で几帳面・倹約家、クールでぱっと見は大人の色気漂うイケメン弁護士・筧史朗(通称・シロさん)を西島秀俊が、史朗の恋人で人当たりが良く、“お姉”な雰囲気を漂わせる美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)を、内野聖陽が演じている。

第10話では、ケンジの働く美容室の店長・三宅祐の不倫が、妻・レイコにバレたことにより、職場で2人が異様な雰囲気を醸し出していた。気まずく感じるケンジに、レイコが「大事な人に絶対に浮気なんかされちゃダメよ」と忠告する。

途端にシロさんの浮気が怖くなってきたケンジ。そんな中、シロさんがゲイ仲間の小日向(山本耕史)と電話で親しげに会話し、しかもご飯にいくと言い出す。当初、ケンジもその会に行く予定だったが、ケンジが仕事で行けなくなると、シロさんと小日向の2人だけでご飯にいく流れに…。

これにケンジの不安が爆発。「絶対2人きりで会わないで」とシロさんに訴える。シロさんはケンジの言葉を軽く流そうとするが、ケンジは涙を流しながら「俺も昔、恋人がいたのに、そういう状況でふらっと浮気したことがあって。恋人傷つけて…」「嫌いになったでしょ? 俺のこと。心の狭いこと言ってるってわかってる。あー! なんて俺ってバカ! こんなこと言ったらシロさんに嫌われて、あいそ尽かされて、うるさがられて、最終的に捨てられるってわかってんのに、バカバカバカ!」とさらに気持ちを爆発させ、シロさんにすがった。

するとシロさんは小日向との食事をキャンセルし、ケンジを安心させるのだった。

内野が演じたこの嫉妬演技に、視聴者からは

「内野さんのケンジの嫉妬の演技が凄すぎて心に刺さった」
「唇震わせながら泣いちゃうところ、すごすぎてこっちまで泣きそうになる。内野聖陽ほんとすごい…」
「ケンジがマジ女の嫉妬!」
「嫉妬するケンジは完全に私よりも乙女」

といった声が上がっていた。

渋い演技派俳優として絶大な評価を受けてきた内野聖陽だが、ここにきてさらに評価を上げるのは、さすがというほかない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました