犯人モロバレ! ”最凶”殺人鬼役の要潤の変装がバレバレすぎて「顎でキャナメってすぐ分かるやん」「ストロベリーナイト・サーガ」第10話

ドラマ, 男性芸能人いんしゅりん, ストロベリーナイト・サーガ, 要潤

6月13日(木)に、二階堂ふみ、亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』第10話が放送された。 “シリーズ最凶”と言われ、圧倒的な強さを誇る殺人鬼「ブルーマーダー」演じる要潤が身に着けている“仮面舞踏会風の青いアイマスク”に視聴者からは「隠しきれないキャナメ感」などとツッコミの声があがっている。

同ドラマは誉田哲也の警察小説「姫川玲子」シリーズ(光文社)を原作として、2010年から竹内結子主演で連続ドラマや映画が制作された人気作。今回はキャストを一新し再映像化となった。ノンキャリアでありながら、直感を武器に班を率いる女性警部補・姫川玲子(二階堂ふみ)が、班員の菊田和男(亀梨和也)らとともに、数々の難事件の真相に迫る。

池袋のビル内で、池袋界隈で勢力を持つ暴力団『秋葉組』の組長・河村丈治(湯江タケユキ)が撲殺死体で発見される。そして、各地で同様の手口の被害が相次いで発生、姫川は“同一犯”によるものだと推測した。

早速、姫川は池袋で聞き込み調査を行うが、皆怯えるように口を閉ざしてしまう。そんな中、一人の外国人ホステスの女が「いつどこで誰が殺されるかわからない、みんなブルーマーダーを恐れている」と、殺人鬼“ブルーマーダー”の存在を明かす。

そこに、旧姫川班のメンバー葉山則之(葉山奨之)から「ブルーマーダーの身元を特定した」との連絡が。

ブルーマーダーの正体は、木野一政(要潤)という元警察官。木野は、暴力組織の情報を警察に流すスパイだったが、何者かに素性を組織にバラされ、組織からひどい拷問を受けたという。木野は自身のタレコミをした何者かを突き止めるため、組織関係者を拷問・殺害していたのだった。事件の全容は、20日(木)に明かされる。

特徴的な顎を持つ要潤だが、“青のアイマスク”を着けても「肝心の顎が隠れず、意味ないのでは?」と視聴者からはツッコミの声が続出!

「顎でキャナメってすぐ分かるやん」

「隠しきれないキャナメ感」

「顎がキャナメ」

「こんな仮面付けてたら吹き出すわ」

「人殺すのにそんな顎出だしたふざけたマスク付ける奴はいないと思うよ」

いよいよ、最終回を迎える『ストロベリーナイト・サーガ』。要潤には“顎バレ”しないよう努めてほしい。