山田涼介『もみ消して冬』“父親”をボコボコに殴る姿に爆笑「遅れてきた反抗期w」

ドラマ
(絵・かつを武士)
(絵・かつを武士)

 2018年の1月期に放送された連続ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系)のスペシャル版、『もみ消して冬 2019夏~夏でも寒くて死にそうです~』が6月29日に放送され、視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。この回で、主演の「Hey! Say! JUMP」山田涼介が、“父親”をボコボコに殴る様子が大きな話題となった。

 医者(小澤征悦)、弁護士(波瑠)、警視庁(山田涼介)のエリート三兄弟が、一家の安泰を脅かす事件のみを全力で解決する痛快コメディドラマ『もみ消して冬』。2018年冬の連続ドラマでは、家族をこよなく愛するがゆえに家族に頭が上がらない男・北沢秀作(山田)が、家族のために自分の職を失するという壮絶な戦いの結果、北沢家の問題はいったん収束した。

 しかし19年夏、もともと低かった秀作の家族内の地位はますます下落していた。ほかの家族たちはそれぞれの逆境を跳ね返し、昔に勝るとも劣らない社会的地位と経済的安定を手に入れているというのに、秀作は無職のまま…。

 そんな中、自らの経験を書いた著書「没落家族」が大ベストセラーとなった父・北沢泰蔵(中村梅雀)が、次回作「教育失敗」のゴーストライターを秀作に持ち掛ける。そこで秀作は、作文専門のAI・サユリの力を借りて、原稿を執筆。だがそれは、「万引き・カンニング・家庭内暴力」というベタな悪事の羅列で秀作自身を極悪人に描いたものだった…。

「山田涼介くんwwwww殴りすぎwwwww」

そうして発売された「教育失敗」は、案の定事実のねつ造を疑われ泰藏が大ピンチに。困った秀作は、「だったら秀作の行動を本に合わせればいいのよ!」と姉の知晶(波瑠)に助言され、泰藏の出版記念サイン会にコテコテのヤンキーファッションで乗り込む。そして、泰藏と対面するなり、思い切り泰藏を殴りつけるのだった。

ここで秀作は、執拗以上に泰藏を殴り続ける自分に不思議な感情を抱く。心の中で、

「1発 殴るところまでは予定通りだったけど… その後は無意識に体が動いていた。どうして大好きな父さんを殴ってるんだろうと不思議に思いながら…」
「殴り続けたい衝動を抑えられなかった。ごめんなさいと心で何度も謝りながら、ずっとこうしたかった自分に気付いてしまった」

と本音をつぶやきながら、泰藏をひたすら殴り続けた…。

 この光景に、視聴者からは

「殴りすぎwwwww  普段の恨みだろwwwww」
「ボッコボコやんww遅れてきた反抗期w」
「日頃の恨みだねww 殴っておけ!!」
「この親父は殴っていい」
「正しい感情だとおもうよ秀作w」
「山田涼介くんwwwww殴りすぎwwwww」

など爆笑の声が飛び交うことに。

 18年冬のドラマでは、自分を虐げる家族に決してやり返すことのなかった秀作。それだけに、今回のタコ殴りは視聴者もスカッとしたようだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました