『偽装不倫』のイケメン役・宮沢氷魚が“あの人気芸人”にしか見えない!

ドラマ

7月10日より、杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)がスタートした。杏の“お相手役”を務めるイケメン俳優に、まさかの声が寄せられている。

(絵・かつを武士)

『東京タラレバ娘』や『海月姫』などで知られる漫画家・東村アキコの同名コミックを実写化したドラマ『偽装不倫』。主人公の鐘子を演じるのは、『花咲舞が黙ってない』以来、4年ぶりの連続ドラマ出演となる、杏だ。

32歳で独身の派遣社員・濱鐘子は、二世帯住宅の実家で両親と姉夫婦と同居するパラサイトシングル。3年に渡り辛くむなしい婚活に励んできたものの、報われないばかりか巷に溢れるのは不倫ゴシップばかり。勤務先での派遣契約が満了したその日、「どうせみんな不倫するんだから結婚に意味はない」、と婚活をやめる決意を固め、博多へと一人旅に出かけようとする。

鐘子とは正反対の幸せな結婚生活を送っていた鐘子の姉・葉子(ようこ)は、そんな鐘子を見て、「またお一人様旅行?」と非難。鐘子は葉子と喧嘩しながらも、一人で空港へと向かっていった。

葉子に借りたワンピースを着て、旅へと出かけた鐘子。道中で、ポケットになぜか結婚指輪が入っていることに気づく。そして、機内に乗り込んだ途端、突然落ちてきたスーツケースが頭を直撃し、指輪を落としてしまう。慌てる鐘子に指輪を差し出したのは、落ちてきた荷物の持ち主・伴野丈(宮沢氷魚)。そのイケメンぶりに動揺した鐘子は、とっさに自分の結婚指輪だと既婚者のふりをしてしまうのだった。

鐘子はその後、成り行きで伴野と博多を回ることになったのだが、伴野を見るたびに「しかし、イケメンだ…」と惚れ惚れする。しかし、そんな作中の設定とは反対に、視聴者からは

「そんなイケメン設定で良いのか?」
「あまりにも作中でもてはやされ過ぎて、氷魚くんのプレッシャーが激しそう」
「今風の塩顔イケメンだけど、ほれぼれするような顔かと言われれば…」

など、疑問の声が続出。中には

「宮沢氷魚さん、トータルテンボスの大村さんに見える。多分自分だけ」
「半端ねえの漫才師の方ですよね?」

など、お笑いコンビ『トータルテンボス』の大村朋宏に似ているとの指摘も。

しかし、大村も女性ファンが多いイケメンの部類。宮沢氷魚がイケメンであることは間違いないだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました