石原さとみ主演ドラマ『Heaven?』「ジョジョ」のスタンドっぽい演出で「福士蒼汰がスタンド使いにwww」

ドラマ

 7月9日、石原さとみ主演ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)の放送が 始まった。出演作がことごとくヒットしている石原さとみの主演作ということで、期待値はかなり高かったが、第1話目には「なんだこれ…」「心が折れそうだ」と驚きの声が多く上がっている。

 ドラマの原作は、1999年から2003年まで「週刊スピリッツ」で連載された、ヒットメーカー・佐々木倫子による漫画「Heaven? ご苦楽レストラン」。「ロワン・ディシー<この世の果て>」という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナー・黒須仮名子(石原さとみ)と個性的な従業員たちとの間で繰り広げられる、“至極のフレンチレストランコメディー”だ。

 黒須仮名子は、独特のバイタリティーと魅力を兼ね備え、たまに核心を突くことを言うが、店を繁盛させる気など毛頭なく「心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という己の欲求を叶えるためだけに店を開いた“超変わり者”。第1話では、フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)を従業員にスカウトしたが、そのほかは、、元・美容師見習いの川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)など、フレンチ未経験の素人ばかりだ。

 コメディー作ということもあって、ドラマでは奇抜な演出が所々に組み込まれていた。特に話題になったのは、登場人物が“心の声”を発する時に、頭上に幽霊のように生首が浮かび上がり、その生首が心の声を叫ぶという演出。視聴者からは

「頭の上の心の声が何度見ても幽体離脱に見えるwww」
「幽体離脱みたいな心の声がめっちゃ気になる」
「この生首演出、ずっとやるのかな…」

といったツッコミが上がるとともに、

「みんなスタンド使いなんかw」
「福士さんから何かスタンド出たぞ」

など、まるで『ジョジョの奇妙な冒険』の“スタンド”のようだと指摘されていた。

 石原さとみが出演するドラマにハズレはないはず! 次回も引き続きチェックしていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました