加藤浩次の裏切りに不信感!?「退社意向」の近藤春菜に同情の声

女性芸能人

 詐欺グループ相手に闇営業をした上、虚偽の説明をしていたことで、所属する吉本興業から、一時は契約解除を言い渡されていた『雨上がり決死隊』宮迫博之と、謹慎処分を言い渡された『ロンドンブーツ1号2号』田村亮。一連の問題を巡って、所属する『吉本興業』の会見や対応に不信感を抱き、「(吉本の)経営側が絶対変わらないとダメ。僕はこの状況が変わらないなら、僕は退社します」と強い口調で宣言していた『極楽とんぼ』加藤浩次が24日、司会を務める『スッキリ』(日本テレビ系)で、前日23日夜に行った同社の大崎洋会長との会談について語った。

 加藤浩次曰く、「僕自身の意志は固いと言いました。大崎洋会長には『今決めることはでけへん』と言われた」とし、話し合いは平行線のまま終わり、結論は先送りとなったことを報告した。

 これまで、『スッキリ』内に加藤の異論に、全面的に追従してきた『ハリセンボン』近藤春菜は、まさかの“結論先送り”に動揺が隠せない様子を浮かべる。さらに加藤浩次が、「僕の意志はそんなに変わらないとは思うんですけど」と前置きしつつも、「これからまた、引き続き話もしながら、決定していきたいと思います」と言い放った。

「退社の決意を明言した加藤浩次に対して、近藤春菜は圧倒的な信頼を寄せていました。しかし、24日夜の話し合いで加藤浩次が吉本興業への態度を軟化したことで、近藤春菜は“まさかの裏切り”のような呆気にとられた表情に…。以前、近藤春菜は相方の箕輪はるかとも『本当にどうしようか? ちゃんとこれからのことも話さないといけないね』と会話を交わすほど、頑固として“反吉本”派。このままでは、加藤浩次が吉本に残留し、近藤春菜が退社ということもあり得ます」(芸能誌ライター)

 近藤春菜の動揺した表情に対し、ネットは騒然。

「!?っていう文字がピッタリな表情やな」
「チワワによる反吉本芸人炙り出し作戦」
「全員残留 春菜退社」
「ダチョウ倶楽部やん」
「とんでもないとばっちりで草」
「これもう近藤春菜が一番の被害者やろ」

などと同情の声が寄せられた。

まだまだ長引きそうな一連の問題。加藤浩次の後ろ盾がなくなった後、近藤春菜の身の振り方に注目が集まる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました