原作では慎二派でもドラマでは”ゴン沼”にハマる人続出! 中村倫也の色気に「単純に中村倫也に惚れた」 『凪のお暇』

ドラマ

 黒木華主演のドラマ『凪のお暇』(TBS系)の第2話が7月26日(金)に放送され、、凪の隣に住んでいるイベントオーガナイザーの安良城ゴン(中村倫也)の〝人間たらし〟の面が存分に発揮され、女性視聴者を中心に「原作のゴンはそんなに好きでもないんだか、中村倫也のゴンは好きすぎる」などと、〝原作では慎二派〟の人たちを瞬く間に〝ドラマのゴン派〟に変えてしまっているようだ。

 同ドラマは、月刊誌『Eleganceイブ』(秋田書店)で連載中のコナリミサト氏による漫画が原作。女優の黒木華演じる主人公・大島凪は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み、周りに同調しがちな28歳OL。ある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言で心が折れ、過呼吸で倒れたことをきっかけに自分を見つめ直し、人生のリセットを決意する。会社を退職し、郊外に引っ越し、携帯もSNSもすべて解約。無職でボロアパート住まいになるものの、無職期間を〝お暇〟(おいとま)と称して人間的に成長していくストーリーだ。凪の元カレで営業部・我聞慎二役に高橋一生、凪が新たな生活先に選んだボロアパートの隣の部屋に住む〝人間たらし〟な男・安良城ゴンを中村倫也が演じている。

第二話では、ゴンの〝人間たらし〟が大暴走!

 河川敷での〝ワンコイン節約BBQ〟に凪を誘い、パンにツナをのせバーナーで焼いただけのシンプルな食事を振舞う。バーベキューにトラウマがあり最初は渋っていた凪だったが、青空の下で食べるツナパンのおいしさに感動。穏やかな陽気の中2人並んで寝転がり、凪は「私、今まで何も見てなかったんだなって。いつも私は周りにビクビクしていて、自分の事しか見てなかったんだなって。ワンコインでバーベキューできることが知れて、うれしいです。ありがとうございます。今、空気美味しいです」と〝お暇〟をしているからこそ感じた感情を吐露し、ゴンに感謝するのだった。そんな素直な凪を見て、突然ゴンは凪に覆いかぶさり「凪ちゃんやっぱり面白い。そんで、かわいい」とつぶやき、凪を慌てふためかせるのだった。

 また後日、慎二が凪のアパートを訪ねた際、謎の流れでアパートの住人みんなでトランプをして遊ぶことに。ゲーム中、慎二が凪に対して〝ホットポテト理論〟を用いたキツイイジリを連発し、次第に精神が追い込まれていく凪。そんな苦しそうな凪を見かねてか、ゴンは「おいしいじゃん、ホットポテト」と素っ頓狂なことを言いだし、一気に場を和やかにさせたのだった。ゴンへ笑顔を向ける凪を見てスイッチが入った慎二は、いきなり凪にキス。「好き……なんだろ、俺のこと。気をひきたいの充分分かったから、そろそろ素直になって戻ってこいよ」と素直になれずいつもの上から目線のセリフを吐いてしまう。しかし凪は慎二にビンタし「バカにしないでよ!」と激高。慎二は号泣しながら帰途についたのだった。

「原作もドラマも、ゴンが〝人間たらし〟なのは共通ですが、外見はかなり異なります。パッとしない見た目で、〝ロン毛〟の原作とは違い、ドラマではふわふわ毛で塩顔の中村倫也。同じ行動でも、中村が演じるゴンは、完全に〝犬系〟に振り切れています。中村効果で、原作では慎二派でも、ドラマではゴンにメロメロになってしまうファンが多いようです」(芸能誌ライター)

実際にネット上でも

「原作のゴンはそんなに好きでもないんだか、中村倫也のゴンは好きすぎる」
「中村倫也 が破壊力すごすぎて身悶えますわ! ゴンの原作と見た目の雰囲気全然違うけど、中身は、っぽい!」
「中村倫也(ゴンさん)派です」
「ドラマでは中村倫也効果でうっかりゴンにトゥクンしてる。中村倫也はあかん」
「実際ドラマ見てみたらね、これはこれで好きっつーかワイが単純に中村倫也に惚れた」
「原作読んでる民だけど、配役上手よね…ゴン…いいよ…中村倫也…いいよ…」
「中村倫也さんのゴン色気半端なくてゴン沼ハマってる…」
「原作はだんぜん慎二派だけどドラマの中村倫也がイケメンすぎてゴン派になりそう」

など、中村倫也演じるゴンに身もだえる声が殺到している。

ますます盛り上がりを見せる『凪のお暇』。来週も引き続き目が離せない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました