『サザエさん』”ハイエナ”ノリスケが横領を自白!「よく社会で生きていられるな…」

アニメ

 8月4日(日)に放送されたアニメ『サザエさん』で、人の金品や優しい心に漬け込むのが得意な、通称“ハイエナ”のノリスケが”横領”の罪を自白し、視聴者からは「ノリスケ最悪で草」「視聴者のヘイトストップ高」などと衝撃を受ける声があがっている。

 話題になったエピソードは、作品No.7980「グーチョキの人」。ある日、磯野家では波平が“愚直”の人だと話題に。フネとの新婚旅行の際、波平が飲んだお酒の料金を、旅館側のミスで領収書に漏れがあった。そこで、波平は「一生に一度の旅行だからきちんと払わんとな」と正義感にかられたらしく、その後わざわざ現金書留で代金を送付したという。すると翌年のお正月、旅館からお礼にと大きな角樽が届き、波平の“愚直さ”が功を奏したのだのだった。

 このエピソードを聞いたノリスケは、「ハハハ!愚直なんて言うとカッコイイけど、つまり“バカ正直”のことですからね」と一蹴。ムッっとした表情の波平をよそに、ノリスケは愚直な同僚の話をしはじめる。その同僚は、飲み会の会計を1円単位で割り勘にするような融通がきかないタイプ。しかし一方のノリスケは、「僕はアバウトですよ」とし、「4人で1万8500円だったら、2万円で計算して1人5000円!」と意気揚々と独自の計算法を紹介した。カツオから「余った分はどうするの?」と余剰の1500円について問われると、ノリスケは人差し指をたて「想像に任せるよ。アハハ…」と肩を震わせながら大笑いするのだった。

まさかのノリスケが同僚からお金を“くすねている”ことを自白した展開に、視聴者からは

「ノリスケほんといいかげんにしろよ」
「最近のノリスケクズ過ぎない? 昔から?」
「ノリスケ最悪で草」
「ノリスケのっけからクズ炸裂させてくれて視聴者のヘイトストップ高」
「ノリスケ横領じゃね」
「ノリスケに会計係任したらあかんやつ」
「ノリスケよく社会で生きていられるなw」

などと批判の声が殺到した。

ちなみに、この自白に不愉快な気持ちになった波平に対し、後日“詫び”としてかの角樽を贈ったノリスケ。同僚からくすねたお金が、巡り巡って波平に遣われていることを考えると、もしかしたらノリスケは“ノリスケ流”に経済を動かしているのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました