浜崎あゆみの“暴露”で元カレ・長瀬智也に同情の声続出「噛ませ犬感が…笑」

女性芸能人
(絵・かつを武士)

歌手の浜崎あゆみが、1日発売の小説「M 愛すべき人がいて」で、エイベックスの松浦勝人会長とかつて交際していたことを明かしたことが物議を醸している。

(絵・かつを武士)

浜崎あゆみと言えば、現在も年下のダンサーとの交際疑惑があがるなど、何かと恋多き女性。しかし小説の中で、

「もしも誰かに『今回の人生で一生に一度きりだと思えるほどの大恋愛をしましたか?』と問われたなら私は何の迷いもなくこう答えるだろう。『はい。自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました』と」

と明かすなど、本気の本気中の本命は、松浦会長だったことが窺える。浜崎あゆみは松浦会長と同棲していたほか、携帯に松浦会長を“M”と登録していたという。そして、浜崎の代表曲「M」も、松浦会長のことを想って作詞したようだ。

 この告白は芸能界でも大きな話題となり、「おぎやはぎ」はラジオ番組で、「良くないよ、ダメでしょ、ルール違反でしょ」などと苦言を呈した。

 一方で、過去に長年にわたる浜崎あゆみとの交際を報じられていたTOKIO・長瀬智也に同情する声も続出。ネット上では

「あゆ…長瀬智也の立場は?」
「あゆといえば長瀬だろう!!身を滅ぼすほど愛した男は長瀬だと思ったのに!」
「お揃いのタトゥーまで入れて、それでも会長以上の人はいないとか何を考えているかわからない」
「長瀬の立場まじでないww」
「長瀬の立場考えろよ笑 かませ犬感笑」
「あゆと長瀬智也の恋はなんだったの? タトゥーまでいれてたのに、本命はずっと松浦さんでしたってこと?! やだやだやだやだやだ」

といった声があがっている。

 浜崎あゆみと長瀬が付き合っていた当時、特に隠す様子もなく、お揃いのタトゥーを入れるなどしていて、その熱々ぶりは大きな話題になっていた。

 しかしそんな時でも、浜崎あゆみは松浦会長のことを想っていたのだろうか。芸能界屈指のイケメンモテ男・長瀬智也を振り回すとは、浜崎あゆみはやはり“平成の歌姫”だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました