『あなたの番です』真犯人は黒島・西野七瀬!? 「ストーカーとの繋がり」確定的で恐怖の声…

ドラマ

 田中圭主演ドラマ2クール連続放送のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)が、ついに終盤に差し掛かっている。8月11日放送の第16話では、ずっと黒島(西野七瀬)をストーカーしてきた犯人の正体が明らかになったのだが、ネット上では「黒島は真犯人なのでは?」と推理する声が続出している。

 第16話で、黒島は二階堂(横浜流星)と付き合うことに。そして2人がデートをしている時に、いつものように黒島のストーカーが現れた。二階堂が不審に思うも、黒島は少し迷惑そうにするだけ。二階堂に彼の素性について聞かれると、名前は内山達生(大内田悠平)、高校時代の同級生で、つきまとわれているものの、特に危害を加えられたことはないと説明する。

 そんな中、黒島の部屋に盗聴器が仕掛けられていることを二階堂が発見する。やはり内山がどうも怪しいと踏んだ二階堂は、翔太(田中圭)とともに内山の元へ。そして内山の自宅のドアを開けた瞬間、あらかじめ仕掛けられていたダーツの矢が内山の胸に突き刺さる。そして内山は絶命するのだった…。

「今回のエピソードで、黒島と内山の親密な繋がりがウワサされました。というのも、内山の履歴書の筆跡と、黒島の筆跡が同じだったのです。つまり、内山は黒島の奴隷のように動き、バイト先も黒島に命令されて決定したというワケ…。盗聴器に関しては、黒島の自宅で行われている翔太と二階堂による事件捜査の内容を、内山に流すため、わざと置いたのではないか。盗聴器がバレた途端、内山が自殺したのは、黒島に口封じのために自殺を命じられた可能性がありそうです」(芸能記者)

 他にも、黒島には怪しい点があるという。

「黒島が二階堂に渡した缶コーヒーが、口をつける前に床に落ちて、中身が飛び散りましたね。そのコーヒーの色がかなりどす黒く、コーヒーのようではありませんでした。これにより、黒島が二階堂を毒殺しようとしたのではないかと考えられます。飛び散ったコーヒーを黒島が慌てて拭き、二階堂に掃除させなかったのも、匂いに敏感な二階堂に気づかれると考えたから、と捉えられますね」(同・記者)

 ここで突如浮かび上がってきた、黒島犯人説。果たして、これからどんな展開になっていくのだろうか…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました