自分だけギャラアップ! 吉本騒動・加藤浩次の“一人勝ち”にツッコミ「後輩のためだったんじゃ… 笑」

男性芸能人

 “加藤の乱”とも呼ばれた、吉本興業の大騒動。当初は、加藤浩次が後輩のために一肌脱いだと絶賛の声が上がっていたが、終わってみれば“加藤浩次の一人勝ち”状態に。これにネット上では「ちゃっかりし過ぎwww」「これが計算なら凄まじい策士だな」など驚きの声が上がっている。

 反社会的勢力への闇営業がスクープされ、吉本興業から謹慎処分を言い渡された宮迫博之や田村亮ら。その後、宮迫と田村の“告発会見”によって、吉本興業の岡本昭彦社長によるパワハラが発覚。これに加藤浩次が激怒し、自身が司会を務める情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、岡本昭彦社長と大崎洋会長などが辞めなければ、自分が事務所を抜けるとまで言い切った。

 その後、加藤浩次は大崎洋会長との面談や松本人志との話し合いを通して、吉本に残ることを決意。岡本昭彦社長と大崎洋会長もそのまま残っているため、加藤浩次の有言不実行ぶりが取りざたされたが、加藤は、今回の“加藤の乱”によって、吉本興業に“エージェント契約”を認める約束を取り付けたと誇らしげに語った。

「エージェント契約とは、吉本とエージェント契約を結ぶことにより、仕事を自分で選べるようになるもの。ギャラの取り分は以前よりもはるかに増えるうえ、自由な仕事ができるようになります。しかし、これには大きな条件があります。それは、エージェントを雇う必要があるため、既にかなり稼いでいる芸人にしかこの契約を結ぶメリットがないということです」(芸能記者)

 実際、人気若手コンビの『おかずクラブ』でさえも、21日の囲み取材の中で、エージェント契約ではなく、これまで通りのマネジメント契約を結んだと公表。その理由を「エージェント契約は、お金がないと難しいというので」と説明している。

 つまり、加藤浩次が提案した“エージェント契約”は、現状では“後輩のため”のものではなく、自分のためのものになっている。実際、加藤浩次は今後の仕事をエージェント契約でやっていくと語っていたが、これに対してネット上では

「後輩のためにやってやった! みたいな顔してるけど、自分のためにメリットのある制度を、吉本の足元見て、ここぞのばかりにごり押ししただけだよ」
「若手芸人の為にもって言ってたのにね…」
「専属エージェント契約できない末端芸人には屁のツッパリにもなってない。自分だけ善ければって発想」

といった指摘を受けている。

 加藤浩次はこの現状に気づいているのだろうか。加藤ならば、後輩のためにまた一肌脱いでくれるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました