小林麻耶“泣き顔写真”をSNS投稿で疑惑の声!

女性芸能人
(絵・マッギャーマン)

フリーアナウンサーの小林麻耶が24日、自身のオフィシャルブログを更新。亡き最愛の妹・小林麻央さんの月命日に、生前麻央さんとの思い出が詰まったレストランからのおもてなしに“涙”した写真を公開したものの、ネット上では「目の前で泣いてる人にカメラ向ける?」「これを撮った人と撮られた本人、何を言いたいの?w」などと疑問の声が殺到している。

(絵・マッギャーマン)

この日、小林は夫で現在はタレントとしても活動しているあきら。こと國光吟氏から「結婚1周年&お誕生日をお祝いしてもらいました」と報告。食事中、「二人が結婚するなんて と、当時の思い出話をしながら、この一年を振り返りました」と楽しい食事会となったようだ。

そして、この日は偶然にも2017年6月に乳がんで泣くなった妹・麻央さんの月命日にあたる日だったようで、レストランから「最初の一品目が運ばれてくると『こちらはシェフから麻央さんに』と。あたたかい気持ちに感動」「そして、冷たい前菜が運ばれてくると、『こちらは個人的に僕から麻央さんに』と、サーブしてくださった方が麻央ちゃんの席においてくださいました」とあたたかいおもてなしを受けたようだ。そんなやさしさに、小林は「夫婦で号泣、、、。涙が止まりません」と涙を流している自身の写真を公開し、「ありがとうが溢れています」と感謝の気持ちを綴っている。

感動的なエピソードだが、ネット上では“わざわざ泣いている自身の写真をアップ”したことに対し、

「目の前で泣いてる人にカメラ向ける?」
「泣いてるところを写真撮るように夫に指示したの? わざとらし過ぎるわ!」
「人が泣いてる時に、カメラ向けるのも向けられるのも普段の日常の中でなかなかない これ誰が写真撮ったの?」
「夫婦で号泣してるときに、旦那がこれはシャッターチャンスだって、写真撮ったの?」
「ちょっとこれはどうかと思う。ブログにわざわざ撮ってるとしたら最低」
「泣いてる写真を載せられると自分に酔ってる感が出て共感できない」
「撮られてるのも不愉快だけど、それをおかしいと思わずに、『撮られてました!妹を思い泣いている私です』と、わざわざ載せるのも意味不明」
「これを撮った人と撮られた本人、何を言いたいの?w 同情されたいの?」
「写真撮って『麻耶ちゃんこれブログに載せなよ~』とかやってたら引く」

などと、撮る方も撮られてブログにアップする方もどちらの行動に疑問の声が殺到している。

いつどんなときでも“ありのまま”の姿をファンに見せる…。さすが一度引退宣言するもすぐに復帰した“芸能人魂”の持ち主だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました