『あなたの番です』ラストでおばあちゃんを殺したのは横浜流星!? 最後に残った謎

ドラマ

 9月8日、田中圭主演のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)が最終回を迎え、視聴率は驚異の19.4%(関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)を記録した。放送されるたびにネットの“考察班”は躍動する『あなたの番です』だが、最終回でも“考察班”に活躍の場を与えてくれたようだ。

 最終話では、事件の黒幕が黒島(西野七瀬)だと明かされた。黒島は殺人衝動をもっており、自分でも衝動をおさえられないサイコパスな人格だという。

 しかし翔太(田中圭)は、妻を殺した憎むべき黒島を前にしてもギリギリで自我を保ち、黒島をハグ。そのまま抱っこして警察署にまで連れていくという、尋常じゃない精神力を発揮した。

 その後、場面は変わり、黒島が赤池幸子(大方斐紗子)の孫だったと明かされた。交換殺人ゲームが企画されたきっかけは、幸子の遺産を狙う美里(峯村リエ)が、黒島の殺人衝動を駆り立てるためのものだったという。そして幸子も、黒島の危険性を知りながら黙認し続けていたのだ。つまり、本当の意味での黒幕は、赤池幸子と赤池美里になる。

 こういったことが明かされ、ドラマは最後のシーンへ。翔太と二階堂(横浜流星)が部屋で鍋をつついているとチャイムが鳴る。ドアを開けると、車椅子が1人でに動いており、翔太と二階堂の前で止まる。車椅子の上には「あなたの番です」と書いた紙が置いてあった…。

その直後、手足をガムテープかベルトのようなもので拘束され、高層ビルの屋上から幸子の姿が映し出され、ドラマは幕を閉じた。

これによって、一体だれが幸子を殺害したのかという議論がネット上で白熱している。

「最有力候補は、幸子の世話をしていた江藤(小池亮介)ですね。幸子が大地主であるため、お金に困っていた描写がある江藤が、彼女に財産目当てで近づき、殺したのかと。そもそも、江藤はなにか裏が無いと、ただのダンスをしていた男になってしまいますからね」(芸能記者)

 そしてもう一つの説が、二階堂だ。

「二階堂は黒島を心から愛していたため、幸子に復讐心的なものをもってもおかしくありません。また、黒島のように人を殺害することで、“同じ種類”の人間になろうとしたかもしれませんね。幸子の手足を拘束している“黒いなにか”が、二階堂が翔太を拘束した際の黒いガムテープのように見えることも、二階堂犯人説が強調される要因です」(週刊誌記者)

 最後まで視聴者に謎を残した『あなたの番です』。この盛り上げ方は、さすがは秋元康氏だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました