”銭ゲバ”のイメージが変わった!? 紗栄子が台風被害の千葉支援で「そこらへんの男より頼もしい」

女性芸能人

タレントの紗栄子が9月12日、自身のインスタグラムを更新。台風15号で甚大な被害を受けた千葉県に物資を届けてきたことを報告した。

紗栄子は事前に、支援物資の管理をしている担当者に必要なものを聞き、飲料水やお年寄りの方も使えるおむつ、トイレットペーパーなどを用意。日持ちしないからと懸念しつつ都内から持って行ったパンも、被災者から大好評だったようだ。また、その一方で、れから支援物資を届けようとする人たちに向け、「高速を降りてからの道は信号が機能しておりません」と運転に注意喚起したり、「バラバラのアイテムよりも、同じアイテムをまとめてお届けしたほうが、現場で仕分けされる皆様の負担になりません」などと、被災者の目線に立って的確なアドバイスを記したりと、まさに“支援者の鑑”。最後は「それぞれがそれぞれにできることがあります。どうか支援の輪が広がりますように」と締めくくっている。

「紗栄子さんといえば、過去に野球選手のダルビッシュ有投手との離婚した際、一部週刊誌で“法外”な多額の養育費を請求しているなどの疑惑が晒されていました。また離婚後に付き合った恋人が、大物音楽プロデューサーの大沢伸一氏や、今話題のZOZOの前社長・前澤友作氏だったため、すっかり他人のお金で生きているという“銭ゲバ”のイメージが定着してしまいました。しかしダルビッシュ有は、紗栄子から多額の慰謝料や養育費を要求されたことを強く否定していますし、紗栄子本人もバラエティー番組などで“10代の頃からアパレル事業を営んでいる”ことや“年収は○○億円”などと高収入なことを明かし、自分の手で稼いでいることをアピールしています」(芸能ライター)

それにも関わらず、未だに紗栄子を“銭ゲバ”イメージで語る人に対し、ネット掲示板では

「イメージであれこれ言われてかわいそうだよね」
「彼女なんなん? メディアのニュースばかり見ていた私のなかではそんなイメージじゃなかったんだが…凄いなぁ」
「何だよ、良いヤツじゃん紗栄子」
「紗栄子はちょっとお金に執着あるだけの良い人だと思えてくる」
「男がいないと生きていけないタイプだと思ってたけど、そこらへんの男より頼もしいw」
「紗栄子さんて叩かれやすいけど、ホンマすごいよな。大物の一番いい時期に愛されてたイメージ」

などと、同情する声が多く上がっている。

被災地支援を「好感度のため」だと揶揄されても尚、ブレずに何年も続けている紗栄子。イメージの刷新にはまだ時間がかかりそう⁉

コメント

タイトルとURLをコピーしました