メディアの闇!? 元NGT48山口真帆に“ネガティブ報道”続出する理由とは…

女性芸能人
(絵・かつを武士)

 元『NGT48』山口真帆への襲撃事件について、裁判が開かれたものの、出てくるのは山口に不利な証言ばかり。それも、犯人側の一方的な主張にすぎないのだが、これが大々的に各所で報じられ、一部ネットメディアなどでは、山口を疑うような記事も書かれ、大炎上している。

(絵・かつを武士)

「ネット上では、『メディアが山口真帆さんを追い込もうとしている』などと怒りの声が上がっていますね。確かに中には、山口真帆さんのネガキャンとしか思えない記事もあります」(週刊誌記者)

 一体、なぜこのようなことが起こっているのだろうか。

「事件が明らかになった直後、世間は山口真帆さんを擁護し、“黒幕”を探そうと躍起になりました。そこでメディアもこぞって事件に首をツッコんだのですが、『東スポ』が事実確認をせず、NGTのマネージャーが“悪質ファン”から『ガムテープぐるぐる巻き』の暴行にあったという“ネットの噂”を記事にして大失敗。NGTから抗議され、それからというもの、記事がかなり消極的になりました。この件があって、他のメディアも事実関係がよくわからないこの事件を扱いづらくなったのです」(同・記者)

 しかし、それと山口真帆へのバッシングは何が関係しているのだろうか。

「メディアが山口真帆さんを叩いているというより、“事実”しか報道していないだけ。今話題になっているのは、『山口真帆さんが以前から暴行犯と繋がりがあった』とのことですが、これに関して真偽はともかく、『暴行犯はそう主張している』という“事実”があるのです。現状、これが一番新しい確実な情報のため、山口真帆さんを叩いているように見えるのでしょう」(同)

 確かに各メディアでは、“あくまで暴行犯の主張”と前置きしたうえで、容疑者の主張を報じている。

「また、ここだけの話、山口真帆さんを疑う記事の方が数字が取れているということもあります。既に“疑惑メンバー”などの情報がひとしきり出きっている今、“擁護系”の記事ではインパクトが薄い。一方で、これまでの報道と一変して、“山口真帆さんに疑いある”となれば、世間の食いつきようは違いますからね…。現に、ネット上でコメントが多いのも、そういった記事ばかりなんです…」(同)

 ある意味炎上商法というやつだろうか。今後、裁判がスムーズに進むことを願うばかりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました