台風19号と「結婚式」が直撃・体験談! キャンセル料とホテルの厚意に涙… PART1

その他

2019年10月12日(土)に都内にある神社で結婚式を挙げようとしたものの、“地球史上最大級”の煽り文句とともにやってきた台風19号に直撃され、止む無く“無期限延期”した話。

「天候が安定している秋(9~11月)がトップシーズンですよ」

ウェディングプランナーにそう言われ、そうですかと10月に挙式を挙げることにした私たち。12日(土)にした理由は、三連休の初日ということもあり遠方組が式の翌日に東京観光できるだろうと考えたことと、特にこだわってはいないものの一応私たち夫婦が付き合った日という2点が重なり、縁を感じたからです。ちなみにこの日は仏滅だったので、式場から“仏滅割引”なるものが適用されるそう。両家ともにお日柄を気にしない、また料理は豪華にしたいとの希望があったので、割引で費用が少し浮いた分を料理のグレードアップに充てることにしました。

日取りを決定した4月から約半年間、当日のためにたくさん準備をしてきました。ドレス選びや試食といった“楽しい系”のものやら、ペーパーアイテム類や映像など“作るのしんどいけどこだわりたい系“のもの、ダイエットやホワイトニングなどの”見てくれを整える系“のもの…方向性は違えど、すべては挙式日にま~~~じで心から笑いたいがためにま~~~~じで頑張りました。

ダイエットに関しては、元々クソデブだったのもありジムと食事制限で9キロ減。夫は、映像系を制作。ラストスパート期間1日3時間睡眠で泡拭きながら頑張っていました。

そんなこんなで、式まであと一週間と迫った日。式当日の天気予報は晴れ…。しかも32度までのぼるとの予報。「雨よりはいいよね」と話していたのですが…… なんと!突如、”超大型”台風『ハゲです』(※『ハギビス』)が爆誕!!!!!!!!!

完全に無知&油断していたのですが、10月は9月よりも台風上陸の可能性が低いものの、発生したら発達のスピードがエグく、大型になりやすい性質らしい。こんなときのための結婚式保険ですが、式場から案内された会社ものは災害等でキャンセルする場合、“家が半壊”しないと適用されないようだったので「さすがにね…」とスルーしていました。

テレビから流れるニュース番組では、「三連休に関東直撃か」など報道され始め、どんどん不安になっていく私たち。しかし、台風の進路はなんだかんだ逸れることも少なくないし、「雨なら雨で神社は風情がでていいかもね」とこのときはまだ呑気に考えていました。

 PART2へ続く…

コメント

タイトルとURLをコピーしました