『白い巨塔』岡田准一の“総回診シーン”に驚きと称賛の声「カメラワーク上手い!」

ドラマ, 男性芸能人V6, かつを武士, ジャニーズ, 岡田准一, 白い巨塔

 テレビ朝日の開局60周年記念スペシャルドラマとして、5月22日から26日の5夜連続で放送されている『白い巨塔』。何度か映像化されたこともある同作だが、物語屈指の名シーンと言えば、教授の総回診シーン。岡田准一主演のテレ朝版『白い巨塔』では、斬新な演出で総回診を描き、視聴者を大いに驚かせた。

 教授が先頭を歩き、医局員の部下たちを大名行列のように後ろに従えるのが、総回診。大学病院内での権力争いを描く『白い巨塔』にとって、このシーンは教授の絶対的権力を示す、極めて重要なヒトコマだ。

 2003年のフジテレビ版『白い巨塔』では、後光が差すような演出で総回診シーンを描き、まるで教授を神のように魅せることに成功した。

フジテレビ版の総回診(絵・かつを武士)

 しかし今回テレ朝でドラマ化するにあたり、ファンたちはこの総回診シーンに心配の声を寄せていた。というのも、フジ版では先頭を歩く財前教授役を、公称・175cmの唐沢寿明が演じていたが、テレ朝版では交渉・169cmの岡田准一が演じるからだ。

 そのため、ネット上では放送前に

「総回診が迫力のないものになりそうな予感」
「部下たちの中に埋もれる財前教授となりそうで…」
「総回診は財前の野望の象徴みたいなシーンだから、カットすることはできないけど、岡田でどうやってこれをやるのかな」
「総回診のシーンは足元から見上げるカメラアングルで誤魔化すと予想」

といった声があがっていた。

テレ朝版ではこうなる???

 そしてついに、テレ朝版で“岡田財前”教授の総回診シーンが放送された。フジ版では正面から目線の高さで総回診を撮っていたたが、テレ朝版ではなんと俯瞰!

 この斬新な演出に、ネット上では

「カメラワークどうするんだろうと思ったけど、引きではなくアップにしたんだね」
「上からのアングルとは考えてなかった」
「みんなが待ってた総回診。うまい具合にカメラワークで誤魔化したね」
「カメラワークこうきたか!」

といった驚きと称賛の声があがった。

 出演者が超一流なら、制作スタッフも超一流ということだろうか。