KAT-TUN亀梨和也『ストロベリーナイト・サーガ』で圧巻の存在感!

ドラマ

二階堂ふみとKAT-TUN亀梨和也のW主演ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』で、「本当に亀梨君は主演なの!?」とウワサされるほど、存在感を抑えすぎている亀梨。第6話でも、凄まじいポジショニングで視聴者を沸かせていた。

第6話では、今泉春男(山口馬木也)が連続刺傷事件の捜査命令を伝えに来た。被害者は三人。計画的犯行なのか、通り魔によるものなのか定かではないが、“通り魔”という言葉を耳にした瞬間、葉山則之(葉山奨之)の身に緊張が走る。というのも、葉山には小学生時代、目の前で家庭教師の有田麗子(新実芹菜)を通り魔に殺されるという過去があったのだ。事件解明を託された姫川班の面々は、上本所署に赴き、担当係長の越野忠光(田中啓三)から詳しい現状を聞く。

容疑者が最初に刃物で襲った峰岡里美(黒沢あすか)は、数カ所刺されて通行中の菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)に助けを求める。二人は会社の同僚で、昼食を食べた店から出てきた所だった。峰岡と同様に二人は容疑者に切りつけられ、菅沼は頸部に損傷を受けたため失血死してしまう。その後、容疑者は自殺を図って意識不明の重体となってしまったため、身元の特定や犯行動機が困難になっていた。

葉山は真剣な表情で「小野彩香を当たらせて欲しい」と姫川玲子(二階堂ふみ)に懇願する。ただならぬ思いを感じ取った姫川は葉山の申し出を許可。事件解明に向け、それぞれの捜査が動き出す… というのが、第6話のあらすじだ。

そして亀梨の活躍はというと…

隙間から亀梨
遠目から亀梨
半分亀梨
(絵・マッギャーマン)

本編空気からのエンディング熱唱!!!!

さすがスター。メリハリのある活躍だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました