『バチェラー3』友永ファミリーの『ダチョウ倶楽部』ばりの”どうぞどうぞ”に「何度見ても笑える」

その他

Amazonプライムで配信され、現在大ヒットを記録している「バチェラー・ジャパンシーズン3」。

全てのスペックが飛びぬけた男性(バチェラー)を射止めるべく、20名の女性が戦いを繰り広げるリアル婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」。シーズン3では、貿易会社を経営するフランス育ちの実業家・友永真也さんがバチェラーとなっている。

【ここからネタバレ】

9月から配信が始まったこの「バチェラー・ジャパン シーズン3」も、いよいよ残すところあと2話(※急遽3話に変更)。エピソード9では、残る女性3名、ぶどう農家・岩間恵さん、『ミス・ユニバース』出場経験アリの野原遥さん、北新地の元ホステス・水田あゆみさんがいよいよ友永さんの家族と対面し、パートナーとしての資質を“見定められる”ことに。

まず対面したのは、友永さんのNo.1お気に入り岩間さん。

友永さんの母・まゆみさんは岩間さんを一目見るなり「めっちゃ綺麗な方!」と岩間さんの美貌にうっとりの様子。家族の話などで終始盛り上がり、問題視されていた“神戸移住”問題も「神戸じゃなくても、関東でもいい」という友永さんの心変わりのおかげで解決してしまう。

次に対面したのは、友永さんが“理想の女性を具現化した人”と称す野原さん。

いつもクール系な野原さんだが、この日は一転白いブラウスに黄色のロングスカートというフェミニンなファッションで登場。会話は盛り上がるも、友永さんの兄・達也さんから「二人にままだ距離があるように感じた」と指摘されるなど、野原さんの“ハッキリ物事を言う”性格が少し裏目に出てしまった場面もあった。

そして、最後は水田さん。

同じ関西圏育ちということもあり、水田さんの関西弁に安心感を覚える友永ファミリー。さらに、持ち前の明るさとトーク力でどんどん仲を縮めていき、水田さんが一番不安に思っていた過去のホステス経験については、友永さんの父・健治さんが「マイナスポイントにはならない」とキッパリ断言するという展開となっている。

そして、女性3名との対面が終わり、家族会議がスタートする。

友永さんが「正直な意見が聞きたい」とどの女性が良かったか率直な意見を求めると、理由はそれぞれだがなんと全会一致で「水田あゆみ」さんを支持しているとの結果に! これに対し、“岩間さんラブ”の友永さんは、わかりやすく顔を曇らせ「俺は結婚相手を自分の家族のために決めるっていう気はさらさらない」と突然言い放ち、「俺は結婚したい人と結婚する」と宣言。これに対し、聞かれたから答えたまでの友永ファミリーから揃いもそろって食い気味に「どうぞどうぞどうぞ」の大合唱が起き、まるで『ダチョウ倶楽部』のおきまりのネタのような流れに…。

(絵・)

“家族に結婚相手を強制された”と勘違いをして怒り心頭の友永さんを落ち着かせるべく、ファミリーたちは「もちろん真也が決めたらいい」「どうぞどうぞ、それでいいと思う」と宥めるも、友永さんは個別インタビューで「いや勝手に決めるなよ」「僕はいま恵さんが良いと思ってるのに…」と昂った気持ちが収まらない様子だった。

ネット上では、友永ファミリーが一斉に「どうぞどうぞどうぞ」と怒り心頭の友永さんを落ち着かせたことに対し、

「友永家の団結力がとても印象的です。 秀逸なコントのような」
「友永さんが家族にキレてみんなダチョウ倶楽部になってるシーンが一番面白かった」
「ダチョウ倶楽部みたいになったシーン大好き 何度見ても笑える 友永家まじいい家族だし真也は天然で面白すぎる」
「友永両親+兄の『どうぞどうぞどうぞ』が面白すぎたんだけど」
「家族のフォローの息がピッタリなことと、真也の癇癪は日常茶飯事で、いつもああやってなだめてるんだろうなぁってのが見えたね」
「理不尽にキレ始めた真也にダチョウ倶楽部ばりのどうぞどうぞ」
「家族会議の『どうぞどうぞ』で色々察してしまった」

などと大反響が巻き起こっているようだ。

ついに今夜、すべてのエピソードが終結する。最後の最後まで目が 離せない!

●関連イラスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました