『まだ結婚できない男』“やっくん”の正体はこいつしかいない!? 阿部寛を恨む人物は…

ドラマ, 男性芸能人まだ結婚できない男, マッギャーマン, 阿部寛

 フジテレビ系で毎週火曜日の夜9時より放送されている阿部寛主演のドラマ『まだ結婚できない男』。同作で登場する“ある謎”をめぐって、ネット上では憶測が飛び交っている。

(絵・マッギャーマン)

 『まだ結婚できない男』は、『結婚できない男』より13年後の日々を描く物語。主人公の桑野信介(阿部寛)53歳は、腕の良い建築士でルックスも良く、収入も人並み以上だが、偏屈で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強いため恋人を作らず、自由気ままなシングルライフを送っている。

 新作では、阿部や塚本高史など、前作の役者が続投する中で、ヒロインたちは総変わり。弁護士の吉山まどか(吉田羊)、カフェの雇われ店長・岡野有希江(稲森いずみ)、マンションの隣人・戸波早紀(深川麻衣)などが登場している。

 桑野と吉山が出会ったのは、桑野が自身を中傷するブログについて相談したことがきっかけ。ブログ主は“やっくん”と名乗り、桑野のことを批判する記事をひたすら書き続けている。今では「桑野信介」とネットで検索すると、“やっくん”のブログが上位に出てくるほどで、桑野は頭を悩ませているのだ。

 作中ではこの“やっくん”の正体が明らかになっていないのだが、ネット上ではその“犯人”を推測する声が続出。

《桜子は桑野のこと相当嫌ってるみたいだけど、桜子がやっくんだったりして》
《いきつけのコンビニ店員がやっくんだろ》
《やっくん=金田の可能性》
《やっくん=デビット伊東なのか?》
《夏川結衣だったら面白いな》

といった候補が上がっている。

「まずありえないのは、前作のヒロイン・早坂夏美(夏川結衣)でしょう。性格的に、桑野を裏でネチネチと批判するブログを書くのはありえない。金田(高知東生)は、“中の人”の不祥事でドラマ出演が絶望的なので厳しい。桑野行きつけのジムの“ライバル”(デビット伊東)も、関係性が薄すぎます」(芸能記者)

 となると、誰なのだろうか。

「いきつけのコンビニ店員の名前が“矢口”なので、彼が犯人の可能性もありますが、関わりが薄いので面白くない。桑野のことを異様に毛嫌いする住宅プロデュース会社の女子社員“森山桜子”も、なくはないですが、やはり微妙…。そんな中、一番関係性的にしっくりくるのが、早坂先生の父親・早坂康雄(竜雷太)です。

康雄は『結婚できない男』で登場した際、アラフォーになった娘・夏美の結婚を願っており、お見合いをさせようと必死でした。そんな中で、夏美は桑野と交際に発展したが、結局は破局。大事な娘の結婚を“拒否した”男として、康夫が桑野を恨んでいても当然です。また“やっくん”の正体が康夫ならば、夏美の再登場も可能。展開的には一番面白くなる“犯人”なのです」(同・記者)

 “やっくん”の正体が明らかになった時、物語が大きく動くかもしれない。