『バチェラー』岩間恵が“性風俗店”で大興奮! 流出動画に「ホンマに強い女性だと思いました」

その他, ドラマなりまさ。, バチェラー・ジャパン, 友永真也, 岩間恵

 まさかの結末を迎え、絶賛大炎上しているリアル婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン シーズン3」(Amazonプライム)。そんな中、出演者の一人・岩間恵さんの驚くべき事実が発覚し、ネットはさらに燃え上がっている。

 全てのスペックが飛びぬけた男性(バチェラー)を射止めるべく、20名の女性が戦いを繰り広げる番組「バチェラー・ジャパン」。シーズン3では、貿易会社を経営するフランス育ちの実業家・友永真也さんがバチェラーを務めた。

【ここからネタバレ注意】

 19年9月から配信が始まった「バチェラー・ジャパン シーズン3」では、終始、ぶどう農家の岩間恵さんが、ぶっちぎりで友永さんの心を射止めていた。しかし岩間さんは最後の最後に友永さんに対して、「恋愛感情はない」と宣言。事実上、友永さんをフるのだった。

 その結果、友永さんは、最後まで残っていたもう一人の女性・元北新地ホステスの水田あゆみさんと結ばれることに。だが2人は交際からわずか1カ月で破局。その理由は、友永さんの岩間さんへの想い。

友永さんは岩間さんを忘れられず、番組の収録が終わった後もアプローチを続け、ついに交際がスタートしたという。2人はイタリアでのデート現場が目撃されるなど、今も順調に交際を続けているようだ。

 さて、そんな友永さんを振り回した岩間さんだが、9月にタイの性風俗店で遊んでいたことが明らかとなった。

 その発端は、タイなどで性的マッサージ店を経営するT氏のSNS。これらによると、18年11月にT氏は、タイのビーチで岩間さんをナンパして連絡先を交換。すると今年9月に岩間さんから連絡があり、タイの“ゴーゴーバー”をアテンドしてほしいとのお誘いが来たそうだ。

 ゴーゴーバーとは、男性がお立ち台に乗ってショーを繰り広げるクラブで、その男性たちを『ゴーゴーボーイ』と呼ぶ。

そしてクラブでは、『ゴーゴーボーイ』が海パン一枚で性器を強調させたり、客が気に入った『ゴーゴーボーイ』を“お持ち帰り”したりするなど、性風俗店のような行為が繰り広げられているという。

 T氏のTwitterには、謎のバラ柄ワンピースを着て、ゴーゴーバーの感想を話す岩間さんの動画が掲載されている。(現在は削除済み)、岩間さんは身体をクネらせながら、

「めっちゃ楽しかった。人生で一番楽しかったかも」
「なんかぁ、オトコを感じた」
「興奮しちゃった」

とご満悦だ。

(絵・なりまさ。)

 岩間さんはさらにその後、大人の“ナイトスポット”ナナプラザにも出向き、タイの風俗文化をこれでもかと楽しんだそうだ。

 しかし『バチェラー』での岩間さんの印象と言えば、少しお堅い感じで、見た目に関しては清楚風。また、現在は友永さんと交際中ということもあり、ネット上では

《これは岩間家も友永両親も見たら絶句だわ…こんな嫁来てほしくないでしょ…》
《ゴーゴーボーイでこんなにはしゃぐ彼女とは恥ずかしくて今後外出れなくない…?》
《これすげえ。ビッチ丸出しだw》
《なんて下品で汚い人なんでしょう。こんなんが嫁にくるのに反対しても真也はまた逆ギレするんですかね》
《ホンマに強い女性だと思いました》

といった声が上がっている。

 バチェラー・友永の心境やいかに…。

(絵・なりまさ。)