犯人がAKSを脅して交渉中!? 元NGT48山口真帆が“告発”「怖すぎる」

女性芸能人
(絵・なりまさ。)

 昨年12月に起こった、元『NGT48』山口真帆への暴行事件。これをきっかけに、『NGT48』メンバー同士の確執、メンバーとファンの日常的な私的交流、運営の闇などさまざまなことが露呈している。

(絵・なりまさ。)

 現在、暴行事件について、『NGT48』を運営する『AKS』が襲撃犯に対して裁判を起こしているが、出てくるのは山口に不利な主張ばかり。そして犯人は、山口と“私的交流”があったとまで主張。あの“音声データ”が流出しているにも関わらず、である。

 しかもその“私的交流”として提示したのは、チェキ会の写真。双方のマンションの部屋番号を示す数字を、山口と犯人が“手で表現している”のが証拠というものだ。

 ただ、チェキ会では、ファンからの要望に応えてアイドルが指定されたポーズを決めるのは当たり前。これで「私的交流があった!」と思う人などまったくおらず、ネット上では

《この写真が関係性を示すなら山口さんだけでなく握手会を実施しているアイドルは何でも関係性ありになってしまう》
《これを証拠写真として出すのには無理がある》

と呆れ声が続出している。

 そんな中、事務所移籍以降、どんなことを報じられても黙っていた山口真帆がついに怒り爆発。

《スポニチさんが名誉毀損すぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます。ファンの方はご存知の通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません。AKB新聞やってて写真会の仕組みも分かっているはずなのに酷すぎる》

と報道を完全否定した。

 また、インスタグラムのストーリー機能では、

《暴行も全部認めたし、私との繋がりはないから警察署で「俺が持ってる他のメンバーのスキャンダル売ったらNGT終わりますよ?」って運営と交渉しようとしてたのに、(警察から聞いた)
お金請求されたら私のせいにして運営と結託して免れようとしてるの怖すぎ(保護者会の音声で裁判所に運営と犯人がコンタクト取ってるの確認済みだし、AKSの人から聞いた)》

と衝撃の暴露(現在は削除済み)。なんと、運営と犯人が繋がっているというのだ。

 にわかに信じがたい告白だが、思い返すと犯人は、暴行事件発生直後、当時の『NGT48』劇場支配人・今村悦朗氏を現場日呼ぼうとしていた。“交渉するために”トップを呼ぼうとしていたと考えると、確かに辻褄が合う。

 裁判中にも関わらず、AKSが犯人の主張を“事前に”把握していたことも、辻褄が合う。

 また、犯人がいく人かのメンバーと繋がりがあったと供述していたにも関わらず、『NGT48』内で全く処分が下されていないことも、こういった背景があったとすれば納得だ。

 次はどんな物語を出してくるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました